TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

アーカイブ特集2

No.190 

続々モダニズムの軌跡―12 安藤忠雄

[本論]松葉一清
[対談]時代を導く人―12 安藤忠雄×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
 建築家・古谷誠章氏が建築家・安藤忠雄氏の仕事の現場を訪ね、熱く語り合った4時間半の対談をダイジェスト。
 施主との関係や設計経緯、そして「住吉の長屋」、「六甲の集合住宅」、「光の教会」を通して、コンクリート打放しの建築を極め続けている安藤忠雄氏に迫りました。

No.189 

続々モダニズムの軌跡―11 東 孝光

[本論]植田 実
[コラム]黒木 実
[対談]時代を導く人―11 東 孝光×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[年譜]東孝光作品年譜
 建築家・古谷誠章氏と建築家・東孝光氏の誌上対談です。
 一世を風靡した「塔の家」から早40年余…。「塔の家」、「阿佐ヶ谷の住宅」、「清仁保育園」を通して、モダニズム建築家として奮闘してきた東氏を特集しました。

No.188 

続々モダニズムの軌跡―10 石山修武

[本論]松村秀一
[コラム]渡邊大志
[対談]時代を導く人―10 石山修武×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[年譜]石山修武作品年譜
 建築家・古谷誠章氏が建築家・石山修武氏の早稲田の研究室を訪ね、熱く語り合った2時間の対談です。
 「幻庵」、「リアス・アーク美術館」、「世田谷村」を通して、セルフビルドの設計を主軸とし、住宅から公共建築、まちづくりにまで取り組んできた石山修武氏の真意に迫りました。

No.187 

続々モダニズムの軌跡―9 鈴木 恂

[本論]矢萩喜從郎
[コラム]鈴木基紀
[対談]時代を導く人―9 鈴木 恂×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[年譜]鈴木恂作品年譜
 建築家・古谷誠章氏が建築家・鈴木恂氏の仕事の現場を訪ね、熱く語り合った2時間の対談です。
 「JOH(宍戸邸)」や「URH(浦和の家)」、「TOCO(都幾川村文化体育センター)」を通して、住宅から公共建築まで、鈴木氏の言う住宅内に潜む“内圧”と呼ぶ居住力・生命力を活かした独自の設計手法にポイントを当て、鈴木恂氏を特集しました。

No.186 

続々モダニズムの軌跡―8 坂本一成

[本論]長島明夫
[コラム]奥山信一
[対談]時代を導く人―8 坂本一成×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[年譜]坂本一成作品年譜
 建築家・古谷誠章氏が建築家・坂本一成氏の自宅を訪ね、熱く語り合った2時間の対談です。
 「House F」や「コモンシティ星田」、「House SA」を通して、建築と社会との関係を意識し、“家型”手法を展開させてきた坂本一成氏の新しい一面を、古谷誠章氏が引き出しています。

No.185 

続々モダニズムの軌跡―7 象設計集団

[本論]植田 実
[コラム]重村 力
[対談]時代を導く人―7 富田玲子+樋口裕康×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[年譜]象設計集団作品年譜
 建築家・古谷誠章氏が建築家・富田玲子氏と樋口裕康氏が率いる象設計集団の事務所を訪ね、熱く語り合った2時間の対談です。
 「名護市庁舎」、「宮代町笠原小学校」、台湾の一連の作品などを通して、独自の土着的な設計手法を展開してきた象設計集団を特集しました。

No.184 

続々モダニズムの軌跡―6 山本理顕

[本論]松山 巖
[コラム]蜂屋景二
[対談]時代を導く人―6 山本理顕×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[年譜]山本理顕作品年譜
 建築家・古谷誠章氏が建築家・山本理顕氏の事務所・設計工場を訪ね、熱く語り合った2時間の対談です。
 「GAZEBO」、「熊本県営保田窪第一団地」、「公立はこだて未来大学」などの作品を通して、“閾(しきい)”というキーワードを軸に、建築とプログラムの関係について思考し、設計活動に取り組んできた山本理顕氏を特集しました。

No.183 

続々モダニズムの軌跡―5 谷口吉生

[本論]三宅理一
[対談]時代を導く人―5 谷口吉生×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[コラム]飯田善彦
[年譜]谷口吉生作品年譜
 建築家・古谷誠章氏が建築家・谷口吉生氏の仕事の現場を訪ね、熱く語り合った2時間の対談です。
 「資生堂アートハウス」、「土門拳記念館」、「丸亀市猪熊弦一郎現代美術館」などの作品を通して、建築を常に都市のエレメントとして捉え、設計活動に取り組んできた谷口吉生氏を特集しました。

No.182 

続々モダニズムの軌跡―4 長谷川逸子

[本論]比嘉武彦
[コラム]町田 敦
[対談]時代を導く人−4 長谷川逸子×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[年譜]長谷川逸子作品年譜
 建築家・古谷誠章氏が建築家・長谷川逸子氏の仕事の現場を訪ね、熱く語り合った2時間の対談です。
 「松山・桑原の住宅」、「湘南台文化センター」、「新潟市民芸術文化会館」などの作品を通して、“ガランドウ”と“原っぱ”という独自の設計手法を展開してきた長谷川逸子氏を特集しました。

No.181 

続々モダニズムの軌跡―3 柳澤孝彦

[本論]川向正人
[コラム]永井久夫
[対談]時代を導く人―3 柳澤孝彦×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[年譜]柳澤孝彦作品年譜
 建築家・古谷誠章氏が建築家・柳澤孝彦氏の仕事の現場を訪ね、熱く語り合った2時間の対談です。
 「新国立劇場」、「真鶴町立中川一政美術館」、「郡山市立美術館」、「東京都現代美術館」などの作品を通して、“現場の哲学”を信じ、さまざまな難題をクリアしてきた柳澤孝彦氏を特集します。

No.180 

続々モダニズムの軌跡―2 伊丹 潤

[本論]倉方俊輔
[コラム]松原秀範
[対談]時代を導く人―2 伊丹 潤×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[コラム]三橋まり
[年譜]伊丹潤作品年譜
 建築家・古谷誠章氏が建築家・伊丹潤氏の仕事の現場を訪ね、お話を伺った2時間の対談です。
 「余白の家II」、「石彩の教会」、「墨の庵」、「ゲストハウス PODO HOTEL」などの作品を通して、アートから建築設計を展開する伊丹潤氏を特集します。

No.179 

続々モダニズムの軌跡―1 伊東豊雄

[プロローグ]石田敏明
[本論]ヨコミゾマコト
[対談]時代を導く人―1 伊東豊雄×古谷誠章
[対談後記]古谷誠章
[年譜]伊東豊雄作品年譜
 建築家・古谷誠章氏が建築家・伊東豊雄氏をゲストに迎えた2時間の対談です。
 「横浜 風の塔」、「八代市立博物館・未来の森ミュージアム」、「大館樹海ドーム」、「せんだいメディアテーク」などの作品を通して、時代を先見し、先鋭した建築を創造する建築家・伊東豊雄を特集します。

ページトップ