TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.167 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
連載1

わたしのフォトメモ

ル・コルビジェ設計「プラネクス邸」

若手建築家がカメラでメモした気軽に読めるフォトエッセイ。シリーズテーマはディテールです。広島大学大学院助教授の岡河貢氏がル・コルビュジエの永遠の謎に迫ります。

この連載のPDFをダウンロード

ワールド・アーキ・ドキュメント

台湾「グランド・フォルモサ・リージェント・タイペイ」ホテルの“タイパンラウンジ”。

1年の半分は海外を飛び回っている建築家・丹下憲孝氏がドキュメントする「いつものホテル」の探訪エッセイ。今回、登場したのは、台湾の「グランド・フォルモサ・リージェント・タイペイ」の"タイパンフロア"。さて、"タイパンフロア"とは…。

この連載のPDFをダウンロード

Architect at Home

阿部勤氏の自邸「中心のある家(私の家)」(1974)

新連載がスタートしました。建築家・中村好文氏が建築家の自邸を訪問するエッセイ。氏の鋭くも温かいまなざしが捉えたものは…。手描きのスケッチを交えたほのぼのとした好文ワールドをご堪能いただけます。
  第1回目に登場するのは、"アルテック"の阿部勤氏の自邸「中心のある家(私の家)」(1974)。中村氏は「建築家の魅力が詰まったおもちゃ箱のような住宅」と称し、そこで心から愉しんでいるお二人の様子が伝わってきます。

この連載のPDFをダウンロード
阿部勤氏の自邸「中心のある家(私の家)」(1974)

ページトップ