TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.168 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
特集2

『神殿か獄舎か』長谷川堯

この特集のPDFをダウンロード

若者に二者択一を迫った

建築家 長谷川堯氏・内藤廣氏
著書『神殿か獄舎か』

 「時代をつくった本」をテーマに、建築家・内藤廣氏が著者をゲストに迎え対談するシリーズです。今回は『神殿か獄舎か』。これを書くに至った経緯は、メッセージしたかったことは何だったのか…など、著者・長谷川堯氏との3時間に及ぶ対談が続きました。

 最初の話題は長谷川氏の卒業論文。恩師・板垣鷹穂先生の指導でミース、コルビュジエ、グロピウスをテーマに“モダニズム建築”に挑戦した話を皮切りに、長谷川氏に大きな影響を与えた大正期の建築家・後藤慶二と「豊多摩監獄」の本題へと進みます。建築家の想像力、建築の芸術性とは…。また『神殿か獄舎か』で登場する菊竹清訓氏や白井晟一氏、晩年深く付き合った村野藤吾氏とその作品について、熱い議論を交わしています。

『神殿か獄舎か』は1972年、相模書房から発刊。現在は2007年、鹿島出版会から復刻版が出ました。

世界平和記念聖堂
ホテル東光園
虚白庵

対談 大正を通して現代をあぶり出す

内藤  僕の想像ですけど、60年代の建築の図式には、分かりやすい図式と分かりにくい図式があって、分かりやすい図式は丹下さん、長谷川さんがいうところの神殿側ですね。それ以外というのは、実はよく分からない。どうも説明がうまく付けにくいもどかしさがあったのではないかという気がするんです。…
長谷川  …それはそうですよ。だから、さっき、僕より若い世代の歴史をやっている連中や建築をやっている連中が、僕の書いた『神殿か獄舎か』にせよ『都市廻廊』にせよ、それを読んでくれたし、いろいろと考えてもくれたという話をしてもらいましたけれども、建築の設計というレベルでは、僕は多分、完敗だったと思う。
内藤  えっ、そうですか?
長谷川  だって80年代から90年代にかけての、あのバブルの様子を見れば「一体、自分は何をやっていたんだ!」という思いは、やっぱりどこかにありますよ。70年代に著書を通して、「建築家の想像力」だとか「建築家の自己性」とか「建築の芸術性」というようなことをいろいろといってきましたが、「あれは一体、何だったんだ」、そういう失望感が、はっきり言ってないわけではなかった。
内藤  たくさんの建築家が読んだはずなのに、それがバブル的な状況の歯止めにならなかった、という感じがあったわけですね。
長谷川  そうそう。一体、実際に設計している人たちにとって何だったんだろうと…。先程の“分かりにくい図式”という話がまさにそうであって、やっぱりそれは日本経済そのものがちっとも変わっていなかったし、日本の建築界の構造派とまでは言わないまでも、技術主義的なものの考え方も変わっていなかった。そういう感じがやっぱりしました。ですから、特に1990年前後には、僕は、ある種の徒労感を持ったことは確かですね。(略)まもなくしてバブルが大変な盛り上がりで、その結果、また今度はああいうふうに無惨にはじけたでしょう。そういうことの中で、挫折に近い感じが、僕としては強かった。
内藤  でも、経済が動かす心理と言葉が働きかける心理とは、全く位相が違うのではないでしょうか。言葉の働きは目立たないけれど、心の深層に働きかけます。長谷川さんの投げ掛けが本当に有効だったかどうか、結論が出るのはまだまだ先です。

序論・コラム

 序論・コラムの執筆陣は、建築家・北山恒氏(横浜国立大学教授)、建築史家の布野修司氏(滋賀県立大学教授)と中谷礼仁氏(大阪市立大学助教授)です。
 作品は、「豊多摩監獄」を始め、村野藤吾氏の「世界平和記念聖堂」、菊竹清訓氏の「ホテル東光園」、白井晟一氏の「虚白庵」など、『神殿か獄舎か』で論じた建築家の作品を紹介しています。

左写真上から:
「世界平和記念聖堂」(設計:村野藤吾)
「ホテル東光園」(設計:菊竹清訓)
「虚白庵」(設計:白井晟一)

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ