TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.169 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
特集1

武田五一

この特集のPDFをダウンロード

日常の中の前衛建築家

名和昆虫博物館
武田五一

 武田五一は明治5年(1872)、広島県福山で生まれました。書画が趣味である父に影響され早くから絵画の手ほどきを受けていたこと、三高の先輩に、後に東京大学建築学科教授となる塚本靖がいたことなどが、五一の目を建築へ向けさせるきっかけになったようです。東京帝国大学を卒業して大学院へ進み、そのまま助教授職に就きますが、京都に新設される工芸学校(現・京都工芸繊維大学)の図案科教授に抜擢され、図案学研究のため留学を命じられ直ちにイギリスに向かいます。その後、パリを始めヨーロッパ各地を巡って、2年半後に帰国。その間、イギリスではグラスゴー派、パリではゼツェッションに触れ、帰国後はその影響を色濃く反映した「京都府記念図書館」や「同志社女学校静和館」を設計します。しかし1920年前後から、ゼツェッションと歴史様式や和風を併存させることを試みるようになり、堅苦しさや重々しさを和らげる方向に作風を変えていきます。
 また、早くからRC造に注目し、躯体を薄くしてデザインの自由度を高め、また薄い壁をタイル張りで仕上げて表現の幅を広げようとしました。その意味でタイル建築、テラコッタ導入の唱道者とも言われています。「京都帝国大学本館」はその一例に当たります。晩年にはヨーロッパを訪ね、モダニズム建築を目の当たりにし、大いに影響を受けたと思われる作品が、後に発表した「京都電燈株式会社(現・関西電力京都支店)」です。構造体を意識的に強調したデザインは、それまでの五一にはありませんでした。
 本誌では代表作の中から「求道会館」、「名和昆虫研究所記念昆虫館・名和昆虫博物館」、「藤山雷太邸」を紹介しています。

写真上:

「名和昆虫研究所記念昆虫館・名和昆虫博物館」

 名和昆虫研究所は“日本のファーブル”名和靖によって明治29年に開設されました。五一が華陽学校に入学した時、奇しくも、名和は華陽学校で教鞭を執っていました。その影響か、五一は高校生の頃、生物学者志望だったと言われています。ちなみに、後に名和昆虫研究所を設計することになった経緯は不明とされています。記念昆虫館は昆虫標本を収蔵するために建設されました。屋根窓のガラス面と外壁を同一平面で納めるなど、単純化された形態に当時の五一のディテールへのこだわりが表れています。名和が発見した「ギフチョウ」の鱗粉を転写した椅子や、出入り口の庇の上に取り付けられていた陶製のトンボの装飾なども、五一によるデザインです。その12年後に、名和の還暦を記念して博物館が建設されました。あらゆる要素が直線と直方体で表現されている一方で、車寄せは様式的であるなど、早くも折衷性を強める傾向が窺えます。実施設計は教え子の吉武東里が担当したと記録されています。

求道会館

「求道会館」

 僧侶・宗教改革者の近角常観が、自らの宗教体験を青年学生と寝食を共にしながら語り継ぐ場として設立したのが「求道学舎」です。その敷地内に、この「求道会館」は建てられています(共に五一の設計)。
 内部は椅子式、ハンマービームトラスの小屋組、周囲に巡らせたギャラリーと、キリスト教会風の空間構成ながら、そこに六角形の厨子を壁から突出させ、また、卍文様の高欄を配して伝統的な和風建築の要素を併存させるなどして、特異な空間をつくっています。この無国籍性は、創設者・近角が推進した仏教運動の革新性と照応しています。

藤山雷太邸

「藤山雷太邸(現・龍興寺本堂)」

 龍興寺本堂は、元は大日本精糖社長・日本商工会議所会頭を務めた藤山雷太が、現在の港区白金台に建てた自邸。白金台では洋館と和館が併設されていました。後年、ホテル建設のために洋館は取り壊されましたが、和館はこれを施工した名古屋の棟梁・魚津弘吉の紹介で龍興寺に移築復元し、現在は本堂として使われています。
 プランは、書院造を基調としながら寝殿造の要素も取り入れ、また、月見台を張り出す構成は醍醐寺三宝院書院、楼閣は東福寺昭堂、銀閣などを参照したと言われています。卒業論文で茶室を扱い、平等院鳳凰堂の修理工事などにも携わっていたため、五一の古建築の知識は正統なもので、この住宅には、さまざまなところにそれが活かされています。照明器具や襖の引手など、建築の細部まで職人の高い技術による装飾を施し、意匠を凝らした五一らしさがふんだんに残る住宅です。

英国国民図案懸賞競技
卒業設計

Documents File

 図案学研究のため、ヨーロッパへ留学していた時期のスケッチや書物の装丁、壁紙の習作などを紹介しています。中でも留学中に学生向けのコンペ・英国国民図案懸賞競技に応募し、25,108点の中から「皇后賞(silver medal)」を獲得した室内意匠の習作は秀逸です。
 また卒業設計「音楽学校とコンサートホール」も紹介しています。ここでは同時代の様式建築に多く見られる過剰な装飾は極力抑えています。また、メインエントランスを中心からずらすなどして、微妙にシンメトリーを崩し、全体を破綻なくまとめているところに、建築家としての感覚が光っています。

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ