TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.171 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
特集1

本野精吾

この特集のPDFをダウンロード

モダニズム建築の先駆け

鶴巻鶴一邸
本野精吾

 明治時代の建築界には上流階級の出身者が多く見られますが、本野精吾も例外ではありません。父は鍋島藩の出で大蔵省に勤務し、後に読売新聞社の創業者として活躍した本野盛亨(もりみち)。ちなみに、兄弟も外務大臣、二代目読売新聞社社長、京都帝都大学教授など、いずれも社会的地位が高く、実績を残しています。
 本野は盛亨の五男として明治15年(1882)、東京に生まれ、明治36年(1903)、東京帝国大学建築科に入学します。同級生に岡田信一郎、横浜勉、松井貴太郎などがいました。卒業後は三菱合資会社地所部(現・三菱地所)に勤務し、保岡勝也の下で設計のスタートを切ります。世はまさに様式主義全盛でしたが、本野も担当した「丸の内第12号館」などに、その片鱗がうかがえます。
 ところが、明治41年(1908)、大きな転機に直面します。恩師・武田五一が京都高等工芸学校(現・京都工芸繊維大学)の教授職に招聘し、本野はそれを受けました。そして翌明治42年(1909)から約2年間、“図案学研究”のため、ヨーロッパ(主にベルリン)に留学します。この2年間が本野の人生を大きく方向づけたようです。特にP.ベーレンスの建築に感銘し、工業化を前提としたデザイン革新活動に強い影響を受け、明治44年(1911)帰国します。
 帰国後、初めて設計したのが、「西陣織物館」です。その後、中村鎮式コンクリートブロックを使用した「本野精吾自邸」などの住宅、「京都工芸繊維大学本館」など、建築作品は生涯で10点余りしか残していません。その反面、図案科教授として、インテリア、家具、舞台デザイン、グラフィックデザイン、服飾デザインなどデザイン全般のさまざまな教育や活動にかかわって実績を残しました。また、生来の多趣味を突き詰める性格も手伝って、バイオリン演奏や社交ダンス、エスペラント語など、さまざまなことを試み、それを極めたと言われています。京都人には育ちの良い、ハイカラなモダンボーイと受け取られていた面もあったようです。
 一方、「日本インターナショナル建築会」では設立メンバーの一人として大いに活躍しました。当時、関西で発足した最大の建築運動団体で、気候風土による“ローカリティ”を考慮した“インターナショナル建築”を目指しました。最盛期には150名以上の会員を擁したといわれています。
 本野は建築家としては寡作でしたが、日本における最初期のモダニズム建築にトライした建築家であることは事実です。今も生き続けている4作品「西陣織物館」、「本野精吾自邸」、「鶴巻鶴一邸」、「京都高等工芸学校本館」には、その萌芽が垣間見えます。

写真上:

「鶴巻鶴一邸(現・栗原邸)」(1929)

 本野が勤務していた京都高等工芸学校・校長であり、染織家でもあった鶴巻鶴一の自邸。1924年設計の本野自邸に比べて年代がかなり下がるためか、デザイン面でも自由度が増し、平面プランも大規模で複雑になっています。ここではモダニズムの追求と言うよりは、中村鎮式コンクリートブロック造の造形的な可能性を追求した形跡が随所にうかがえると、研究者の笠原氏は本論で分析しています。
 しかし、玄関ポーチやインテリアの家具なども当時のまま現存しており、本野デザインの魅力がいっぱいつまった貴重な住宅と見ています。コンクリートの軒や庇は京都の気候風土を考慮した「日本インターナショナル建築会」の精神が生きています。

西陣織物館

「西陣織物館(現・京都市考古資料館)」(1915)

 「マッチ箱のようだ」。竣工当時、人々は驚きを持ってこの建物をそう表現したそうです。
 留学から帰国して最初に設計されたこの建物は、入り口の円柱のあるポーチなどから一見様式的風に見えますが、建物正面全体の外観やそのディテールを見ると、装飾を排したモダニズムの手法でまとめられています。特に、屋内階段の手摺子のデザイン、3階貴賓室の天井や壁面、暖炉には幾何学的な形態が用いられ、モダニズムの萌芽を随所に見ることができます。この建物は、昭和59年(1984)、京都市登録有形文化財に登録されています。

本野精吾自邸

「本野精吾自邸」(1924)

 耐震性・不燃性や建設の合理性を考慮した中村鎮式コンクリートブロックを採用した本野作品の最初の住宅。奇しくもこの前年に関東大震災があり、中村鎮式コンクリートブロック造が倒壊しなかったことを、本野は高く評価し、以後コラボレーションが始ったと言われています。
 ブロックをむき出しにして打放し風のテクスチャーを活かし、玄関脇の柱などにはレンガタイルなどをポイント的に採用しています。内部は生活動線の機能性を重視した平面構成になっています。深い軒や庇は、「日本インターナショナル建築会」の理念に直結しています。モダニズムを徹底し、風土を考慮した本野らしい住宅です。この建物は平成15年(2003)に「DOCOMOMO Japan 100」に選ばれています。

京都高等工芸学校本館

「京都高等工芸学校本館」(1930)

 昭和2年(1927)に開催された「日本インタ−ナショナル建築会」の展覧会でこの計画案が発表されています。 当初の案はデッサウの「バウハウス校舎」(1926)にも似た、大きなガラス窓を持つ打放ちコンクリートの建物でした。しかし実際は、正面の窓面は縮小され、壁面はスクラッチタイルに変わります。また東面外観は、横長連続窓の予定でしたが、実際には南面と北面の2、3階部分のみ、キャンティレバーを用いた横長連続窓となっています。

卒業設計
舞台衣装のデザイン

Documents File

 卒業制作「INSTITUTE OF ARCHITECTS」や、後の京都高等工芸学校本館の草案スケッチなどの建築作品の他に、船室のデザイン、書斎家具、舞台衣装のデザインスケッチなど、デザイン全般に携わったことがうかがえる作品を紹介しています。

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ