TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.172 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
特集1

内田祥三

この特集のPDFをダウンロード

日本の建築と都市の行くかたを決めた巨人

東京大学法文経一号館
内田洋三

 内田祥三は明治18年(1885)、深川の米商いの家に生まれました。開成中学・一高を経て、明治37年(1904)東京帝国大学工科大学建築学科に入学します。卒業後は3年ほど三菱合資で現場を経験し、その後大学院に戻り鉄筋コンクリート構造の研究に従事します。また、曾禰達蔵らの下、東京市建築條例案(1913)にかかわったことを契機に、市街地建築物法(1919)や都市計画法(1919)など、その後の都市計画の法整備に精力的に携わっていきました。特に防火・耐震には熱心に取り組みます。火災時の燃焼状況を計測するため学科総動員で燃焼実験を行い、そこから木造モルタルを生み出し、それを戦時中の木造都市防火対策に採り入れました。
 防火・耐震への試みは、建築作品にも強くあらわれています。内田はその対策に建物の鉄筋コンクリート化を奨励します。“群造形こそが真骨頂”と語る「東大本郷キャンパス」を始め、数少ない住宅作品、「和田小六邸」(1924)や「内田自邸」(1927)も鉄筋コンクリート造という徹底ぶりでした。また耐震には剛構造こそ一番と信じる内田らしい超高層建築の作品、「第一生命大井本社」(1967)や「安田火災海上本社」(1976)もその象徴です。
 1972年、文化勲章の受章から数週間後、内田は87年の生涯を閉じます。しかし内田のものづくりの精神は、長男・祥文(よしぶみ)(故人)、次男・祥哉(よしちか)、そして孫の祥士(よしお)へと継承されています。
 本誌では代表作の中から「東京大学図書館」、「東京大学法文経一号館」、「東方文化学院東京研究所」、「東京高等農林」を紹介しています。

写真上:

「東京大学法文経一号館(現・法文一号館)」(1935)

 軸線を基準とした群造形の醍醐味である東大本郷キャンパスは、「全体の構想こそ建築家の本領だ」と語る内田の誇りでした。その中の一つ「法文経一号館」は、連続する尖塔アーチのアーケードを有するゴッシク様式風の建物です。なお、現在では「法文経一号館」、「法文経二号館」(1938)に加え、大谷幸夫氏設計による「文学部三号館」(1987)のアーケードが連続し、歴史の重奏感を醸し出しています。
 写真は「法文経二号館」(1938)のアーケードから「法文経一号館」を見ています。

東京大学図書館

「東京大学図書館(現・総合図書館)」(1928)

 弟子たちによるコンペでは岸田日出刀の案が1等になりましたが、敷地の変更など紆余曲折の末、最終的には内田案に収斂します。
 「大学にある建物で僕が一番力を入れた」と語るとおり、内田の渾身の一作。ファサードは書棚に並んだ本をイメージしたと伝えられています。
 また写真の大階段では、トップライトから光が降り注ぎ、荘厳な雰囲気は今も当時と変わりません。

東方文化学院東京研究所

「東方文化学院東京研究所(現・拓殖大学国際教育会館)」(1933)

 この建物は、日本趣味を基調とした東洋式の意匠を採用しています。武田五一による「東方文化学院京都研究所」(1930)とは異なるおもむきです。また、内田が審査を務めた東京帝室博物館コンペの要項に反映した日本趣味意匠に通じる実験的な建物でもありました。

東京高等農林

「東京高等農林(現・東京農工大学農学部本館)」(1934)

 東大本郷キャンパスと同じものを求められ、群造形の配置計画にこだわりを見せながらも、仕上げやディテール部分で東大よりもかなりおおらかにデザインされています。そのため、従来のカレッジ・ゴシック調というよりも、モダニズムの気配が感じられます。“同じもの”を求められつつも、決してそれに安住することがなかった建築家・内田祥三を、この建物を通して見ることができます。

内田の家族写真

内田の家族写真

 左から長女・美柯(みえ)、妻・美彌(みね)、内田、次男・祥哉、義妹・荒井以登、長男・祥文(1932年2月11日、自宅(和館)にて)(松下美柯氏所蔵)

東大本郷キャンパス構想図
大学3年設計課題 邸宅の立面図

Documents File

 絵を描くことが苦手であった内田は、それを努力によって克服しました。ここでは、一高・大学3年時の製図や東大図書館計画案、東大本郷キャンパス構想図の他、「大都市における住宅の補給策」などの都市に対する提案も紹介しています。

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ