TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.173 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
特集1

藤井厚二

この特集のPDFをダウンロード

時代の先を駆け抜けた住宅作家

聴竹居
藤井厚二

 藤井厚二は明治12年(1888)、現在の広島県福山市宝町に藤井与一右衛門の次男として生まれました。藤井家は十数代続く造り酒屋、製塩業、金融業「くろがねや」を営む一方、第一級の絵画や書、茶道具を多く所蔵する素封家でした。幼い頃から福山の豊かな自然に加え、本物の芸術品に囲まれて育った藤井は建築家としての審美眼を、この時期に培ったようです。
 大正2年(1913)東京帝国大学工科大学建築学科を卒業後、合名会社竹中工務店初の帝大設計課員として入社します。オフィスビルと住宅の設計にかかわり、緻密で繊細なデザイン感覚を大いに発揮します。
 大正8年(1919)、6年間勤めた竹中を退社します。同年、武田五一の助言で1年間、欧米で建築に関する諸設備や住宅を視察し、モダニズムデザインの萌芽と最先端の建築設備に触れます。帰国後、藤井は精力的に住宅研究の活動を展開します。竹中工務店時代を含め、25年間に50を超える建物を設計していますが、その大部分が住宅でした。
 日本の気候風土に適した住宅を、環境工学の視点から科学的に捉え直し、その在り方を追求しました。藤井は自ら設計した5つの自邸を通して、環境工学を確立。更にプランや生活スタイルの実験・実証を重ねていきます。その完成形といわれている「聴竹居」(1928)には、B.タウトも訪れました。
 大正9年(1920)に京都帝国大学工学部建築学科の講師として招かれ、初めに「意匠設計」を担当しました。翌年には助教授に就任、大正15年(1926)には教授に任じられます。「建築設備」、「住宅論」、「建築計画論」を担当し、自らの研究を教育の場で大いに発揮しました。
 また、住宅の研究に関する多くの論文や著書を発表しました。昭和5年(1930)には、日本の環境工学と聴竹居の写真や図面をまとめた『The Japanese Dwelling House』と題した英訳本を発行、世界に向けて発信します。
 住宅に魅せられ、生涯にわたって住宅設計に専念した藤井厚二は、昭和13年(1938)、49歳の若さでこの世を去りました。もう少し長生きをしていたら日本の建築界は変わっていただろうと惜しむ声を聞くことがあります。
 本誌では代表作の中から「八木市蔵邸」、「村山龍平邸(和館)」、「聴竹居・聴竹居内閑室」を紹介しています。

写真上:

「聴竹居」(1928)

 京都府乙訓郡大山崎町の約1万2千坪の敷地(山林)にある自邸。ここで第2回目から第5回目の住宅が実験的に建てられました。
 第5回目の住宅「聴竹居」の食事室は、居室との仕切りを円弧状の曲線でデザインし、居室と食事室を完全に隔ててしまうのではなく、緩やかにつながりをもたせています。これによって空間の連続性を生み、家族が適度な距離感を持って過ごせるように設計されています。

聴竹居内閑室

「聴竹居内閑室」(1928)

 この閑室(藤井は茶室をそう呼んでいました)は「聴竹居」の隣にある建物で、藤井の書斎兼接客室として使用されていました。上段の間、下段の間があり、前者は畳が敷かれ床座を基本とし、後者は造付けの革張りの腰掛のある椅子座空間です。上段は下段より床が約30cm高くなっており、床座から椅子座へ連続的につながった空間を生み出しています。

八木市蔵邸

「八木市蔵邸」(1930)

 大阪府寝屋川市に建てられた2階建ての木造住宅です。大工は「聴竹居」と同じ酒徳金之助。敷地の南側には独立した閑室がありました(現存せず)。
 室内は天井や壁の幾何学的なデザインだけでなく、テーブル、イス、絨毯、そして電気スタンドなどの家具に至るまで、トータルにデザインされています。また、6畳大の独立した食事室は椅子座をメインとしているため、それに合わせた天井の高さとなっています。藤井の住宅思想が表れた作品です。
(写真:ふくやま美術館、©定藤元了)

村山龍平邸(和館)

「村山龍平邸(和館)」(1917)

 竹中工務店入社まもない時期に取り組んだ地下1階、地上3階建ての木造住宅。起伏に富んだ約1万坪にも及ぶ敷地には、洋館と和館(書院棟、玄関棟、茶室棟)があり、それぞれを空中の渡り廊下で結んでいます。藤井の担当した書院棟は内部の天井が通常の日本家屋よりも高く、更に柱などすべての部材がすみずみまで細く軽やかに設計されています。
 また藤井はこの建物によって住宅の面白さに目覚め、以後生涯に渡って住宅の設計・研究に取り組むことになったのではないかと、松隈氏は分析しています。事実、それ以後、住宅以外の作品はほとんどありません。

藤井家家族写真

藤井家家族写真

 右から藤井厚二、長男・裕三、妻・壽子(ひさこ)、次女・章子(あやこ)長女・福子(とみこ)(1930年代半ば頃)
(写真:馬場福子所蔵)

卒業制作
藤焼

Documents File

 卒業設計「A Memorial Public Library」、「聴竹居内下閑室」のスケッチや図面、藤井がデザインをした電熱器の他、藤焼と呼ばれている藤井自作の焼き物を掲載しています。この藤焼は今でも長女・福子氏、次女・章子氏宅で大切に使われています。

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ