TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.174 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
特集1

山田 守

この特集のPDFをダウンロード

ストリームラインの系譜

山田邸
山田守

 山田守は明治27年(1894)、岐阜県羽島郡(現・羽島市)の豪農の家に生まれました。大正6年(1917)、東京帝国大学工科大学建築学科に入学。当時、帝大の主流であった構造派の偏った建築教育に疑問を感じた山田は、より自由な造形表現を求め、大学卒業直前の大正9年(1920)、堀口捨己と山田が中心になって、石本喜久治、瀧澤眞弓、森田慶一、矢田茂らとともに分離派建築会を立ち上げ、活躍します。卒業後入省した逓信省では、岩本禄、吉田鉄郎の下で研鑽を積み、既に31歳で「東京中央電信局」(1925)を設計し、その後も「千住郵便局電話事務室」(1929)など、分離派建築の代表作となる多くの作品を発表します。しかし昭和3年(1928)、第7回作品展を最後に分離派建築会は自然解散します。
 翌昭和4年(1929)、ベルリンを拠点に約10ヵ月にわたる欧州の建築視察に任命されます。当時、バウハウスやCIAMを中心とする国際様式が全盛期を迎え、ヨーロッパの建築界は活気にあふれていました。日本で知り得る海外の情報以上に進んでいる状況は、山田にとっては衝撃的であり、多くのことを吸収できる素晴らしい経験になりました。それを活かし、1930年代は機能美に目覚め、やがて「東京逓信病院」(1937)を発表するに至ります。
 その後、昭和20年(1945)、逓信省を退官し、逓信省関連の建築復興の請負業を行う通信建設工業を設立しますが、4年で倒産。しかしそれにひるむことなく、同年、自身の設計事務所を東京・湯島に開設します。また昭和26年(1951)には、東海大学創設者であり逓信省時代の同胞、松前重義の勧めにより、東海大学理事、工学部建設工学科の主任教授に着任します。
 昭和28年(1953)、山田は長い沈黙の後、「東京厚生年金病院」を発表することによって、建築家として存在を世に問い、高い評価を得ます。そして多様な環境や用途に対応可能なプロトタイプとして、Y字型のボリュームやマッシュルームコラムを考案し、初期に目指した造形美からの脱皮を図りました。
 その後、「日本武道館」(1964)、「京都タワービル」(1964)、一連の東海大学湘南キャンパス(1963〜66)などを設計しながら、徐々に都市景観を重視するようになり、常に変化する都市の中で建築はどうあるべきかに腐心します。
 昭和40年(1965)に、2度目の海外視察に出発し、新たなプロジェクトへの意気込みを抱え帰国します。しかしその直後、病に倒れ、昭和41年(1966)、72歳で世を去りました。
 建築家として常に新しいデザインを模索し続け、その視線は建築にとどまらず、都市へ大きく広がっていきました。本誌では代表作の中から「山田邸」、「長沢浄水場」、「東海大学代々木校舎1号館・2号館」を紹介しています。

写真上:

「山田邸」(1959)

 将来、いろいろな用途に使われることを想定し、コンクリートラーメン構造のスケルトン住宅として設計をします。当時は半分を住居、他の半分を事務所の分室として使用していました。分室へと続く螺旋階段に山田独自の曲線美を見ることができます。また、小川が流れ、築山のある回遊式庭園も山田の設計で、現在もそのままのかたちで残っています。

長沢浄水場

「長沢浄水場」(1957)

 この建物の特徴といえば、“マッシュルームコラム”で、これは山田が考案したプロトタイプとして、同時期に設計された他の建築にも多用されています。
 更に柱の中心部に雨樋を打ち込むことで、屋根の雨水が地下の貯水槽まで運ばれ、浄水として利用されます。現在も現役で使用されています。
 2005年、DOCOMOMO100選に選ばれました。

東海大学代々木校舎1号館

「東海大学代々木校舎1号館・2号館」(1号館;1955、2号館;1958)

 東海大学理事兼、工学部建築工学科教授に就任後、初めて手掛けた大学の校舎です。1号館ではS字状の玄関の軒先と屋根庇、断面形状が洋梨型をしたジャイアントオーダーなど、曲線美に加え、おおらかで迫力のあるデザインがうかがえます。また、2号館はX字型の平面プラン、玄関ポーチのマッシュルームコラム、螺旋状のスロープなど、山田の考案したプロトライプが至る所に使われています。

東海大学代々木校舎2号館
分離派建築会結成当時の写真

分離派建築会結成当時の写真

 左から森田、矢田、堀口、山田、瀧澤、石本(東京工業大学藤岡研究室所蔵)

卒業設計
ベルリン滞在中、アパートで書いた手紙

Documents File

 分離派建築会時代に制作した卒業設計「国際労働協会」、海外視察時の様子を家族宛てに書いた手紙や、スケッチなどを掲載しています。(上:東京大学工学部建築学科所蔵、下:山田健治郎所蔵)

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ