TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.175 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
特集1

保岡勝也

この特集のPDFをダウンロード

“婦女子”の領分に踏み込んだ建築家

山崎別邸
保岡勝也

 保岡勝也は明治10年(1877)、東京で生まれました。明治33年(1900)、東京帝国大学工科大学建築学科を卒業後、三菱合資会社に入社。その2年後、大学院進学のために1度退社しますが、明治38年(1905)には再び三菱に復職し、曾禰達蔵の後任として、その手腕をふるいます。明治45年(1912)に依願退職するまでの7年間、三菱合資会社8号館から21号館の設計に関与し、赤レンガ時代の丸の内オフィス街を築き上げます。特に「14号館」(1913)は、時代に先駆けて日本で初めての鉄筋コンクリート構造を用い、それ以降も積極的に採用していきます。また、オフィスビル設計の合間をぬって住宅設計も行います。明治35年(1902)には和館と洋館からなる大隈重信伯爵邸の「洋館」を設計。最新のキッチンシステムを採用したことによって、住宅にこそ近代的な設備を充実させていくべきだということを学びます。明治42年(1909)の欧米視察後には岩崎家深川別邸「池辺茶亭」を設計し、後に住宅作家として活躍する片鱗をうかがわせます。
 退社後、1年間は嘱託として三菱の仕事に関わりますが、大正2年(1913)、保岡勝也事務所を設立します。この時代、建築家の建てる住宅といえば上流層の豪邸でしたが、保岡はより暮らしに密着した中流層の中小規模の住宅設計に専念する道を選びます。また、執筆活動も盛んに行い、主婦を対象とした『理想の住宅』や住宅諸設備の重要性について書いた著作を数多くを残します。これは建築家や一般の人々の住宅への関心を高める契機になったと言われています。
 そして晩年は住宅作家としてだけでなく、他の建築家に先んじて、茶室建築の研究に没頭します。
  住宅を専門に手掛けた建築家といえば藤井厚二と言われていましたが、実は保岡は藤井よりも遥かに早く、“住宅作家”という新しい分野に進出した建築家でした。
 本誌では代表作の中から「三菱合資会社若松支店」、「三菱合資会社長崎唐津出張所」、「山崎別邸」を紹介しています。

写真上:

「山崎別邸」(1925)

 2階建ての洋館と平屋の和館がつながった木造の小規模な和洋館並列型住宅で、茶室などの伝統建築へ傾倒していった時期の作品です。本邸、庭園(現在は一部)、茶室すべてが保岡によって設計されています。写真は玄関ホールの脇に位置する応接室。家具、カーテン、壁紙などはオリジナルデザインが残っています。

三菱合資会社若松支店

「三菱合資会社若松支店」(1913)

 三菱時代に取り組んだオフィスビルで、レンガ造、地上3階建ての建物です。外観、内観ともに、当時、建築界で流行したセセッション風のデザインが施されています。2階から3階は吹抜けで、その外周の回廊から各事務室に出入りできるようになっています。光天井の中心部分は直線モチーフのステンドグラスが格子状にはめ込まれています。
 吹抜け周囲の柱は細い鋳鉄製で、2階には柱の上部に帯状の格子が連結し、3階には柱の両端に曲線のブラケットが付いています。光が燦々と降り注ぎ、上部ほど明るく軽やかな空間になっています。

三菱合資会社長崎支店唐津出張所

「三菱合資会社長崎支店唐津出張所」(1908)

 木造、地上2階建ての建物で、ハーフティンバー様式を基調としたデザインです。設計には唐津出身の曾禰達蔵の関与があったという説もあります。南面には、目の前に広がる海の景色を楽しむためのベランダが配されています。柱の両脇のブラケットのわずかな曲線が、柔らかな雰囲気を醸し出しています。
(1980年、佐賀県指定文化財指定)

卒業設計

Documents File

 『日本化したる洋風小住宅』や『欧米化したる日本小住宅』に掲載されたさまざまなスケッチ、山吉デパートの外観スケッチ、卒業設計「Design for a National Bank」などを紹介しています。

『日本化したる洋風小住宅』所収のスケッチ
この特集のPDFをダウンロード

ページトップ