TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.175 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
連載2

タイルミュージアム

王のための魂の扉
世界最古のタイル

「世界最古のタイル 魂のための扉」

 今回紹介するタイルは、天然のトルコ石やラピスラズリなどの宝石を思わせる世界最古の美しいタイルです。
 今から約4,600年前、エジプトのサッカラに建造された世界最古の「階段ピラミッド」は、上エジプト、下エジプトに君臨したジェセル王のお墓です。このタイルは、王の魂が現世から来世へと向かう時に通過するピラミッドの地下通廊にある扉の装飾に使われました。王への敬愛の気持と、来世での復活を願うエジプトの民の思いが、このターコイズブルーのタイルを使った装飾に込められているそうです。
 垂直の壁に重いタイルを張り付ける技術の解説を交えながら、古代エジプトのタイルの神秘に迫ります。

この連載のPDFをダウンロード

Design+Technique

栃木県庁舎・南面全景

「栃木県庁舎」 設計:日本設計

 「栃木県庁舎」は、片山東熊氏を始め、佐藤功一氏、大高正人氏など、そうそうたる建築家が設計に携わり、宇都宮市のシンボルとして長年親しまれてきた歴史を持っています。今回、旧庁舎玄関まわりを曵家保存し、旧本庁舎、第二庁舎、旧議会議事堂の3棟を解体、新庁舎として建て替えられました。歴史ある旧本庁舎のイメージを活かしつつ、周辺環境に調和した外観デザインです。市の中心市街地活性化を図る重要なプロジェクトとして位置づけられています。

栃木県庁舎・本館南面外観見上げ
栃木県庁舎・隅角部

 本館の外観は、旧本庁舎のファサード表現を継承した石材とタイルで構成されています。特にタイルは、経年変化を見越して選ばれたばらつきのある色調や、凹凸感が表現されています。
 また、南面は彫りの深いPC版にアルミとステンレスのライトシェルフを組み合わせたシルグルスキンです。一方隅角部および東西面は、日射負荷を考慮したダブルスキンが採用されています。

栃木県庁舎・県民ロビー吹抜け

 光庭と県民ロビーは、それぞれ大谷石の採掘場をイメ ージしています。前者は露天掘りをイメージした明るい空間、後者は地下をイメージした広がりと深みのある空間がタイルによって表現されています。

●INAX使用商品●FC-210Y/カタリブ/L0571-561,562,563 (13:2:1 Mix)(t=18)

栃木県庁舎・男子トイレ洗面台
栃木県庁舎・多目的トイレ

 水まわり部分はシンプルでゆとりのある空間として設計されています。また、多目的トイレは利用者からのヒアリングを活かし、誰もが使いやすいトイレを目指しました。

●INAX使用商品●洗面器:L-2094CS、水栓金具:AM-97K、水石けん入れ:KF-24KM、洗面カウンター手すり:BB-KC2、大便器:C-22PURC、タッチスイッチ:OKC-2BP、シャワートイレ:CW-E41-CK、大型リモコン:CWA-61K-NK、紙巻器:CF-A23P、手すり:KF-920、はね上げ手すり:KF-480EH70、背もたれ:KFC-270T2、身障者用洗面器:S-275FCRS、水栓金具:AM-51UK、水石けん入れ:KF-24BNほか

この連載のPDFをダウンロード

House&Home

壇の家
壇の家・水まわり空間

「壇の家」 設計:武井誠+鍋島千恵

 軽井沢の別荘地の一角、50mもの高低差がある斜面地に建つ住宅(別荘)です。斜面を活かした壇状の床は暮らす上で必要な機能をそれぞれが分担し、斜面での新しい暮らし方を提案しています。水まわり空間はあまり天井の高さを必要としないため、天井の低い部分に配置し、圧迫感のない、スッキリとしたデザインのサティスがさわやかな雰囲気を醸し出しています。

 ●INAX使用商品●便器:サティス D-315/BW1

版築のある家
版築のある家・1階トイレ

「版築のある家」 設計:金子智子+寺坂久美

 畑や森などの自然が残る東京の住宅地に建つ住宅。施主の要望する「明るく暖かい家」を目指し、南東に開けたL字型の建物です。
 敷地と道路との高低差が1.2mあったため、駐車場をつくる際に切土し、その良質な土を版築として再利用しています。
 水まわり機器はできるだけシンプルで美しいデザインとしてサティスが採用されています。

●INAX使用商品●便器:サティス D-315タイプ、紙巻器:FKF-32F


この連載のPDFをダウンロード

Topics

第72回展覧会「新居千秋展」

月に一度の交流の広場「建築家フォーラム」

 「建築家フォーラム」について、建築家であり、早稲田大学教授の古谷誠章氏が紹介しています。“難しいテーマをやさしく やさしいことを深く 深いことを面白く”が趣旨の講演会。建築関係者を中心に毎月1回、第3火曜日の夜に、多彩な顔ぶれの方々が講演を行っています。また、「INAX:GINZA」の展示スペースでは講演会に合わせた展覧会も開催されています。

この連載のPDFをダウンロード

ページトップ