TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.177 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
特集1

蔵田周忠

この特集のPDFをダウンロード

生活芸術を追及したモダニズムの啓蒙家

米川邸(現・野田邸)
蔵田周忠

 蔵田周忠は明治28年(1895)、山口県萩市に生まれました。大正2年(1913)に工手学校(現・工学院大学)建築科を卒業、三橋四郎建築事務所に入所します。しかし大正4年(1915)に三橋が急逝したため、事務所の先輩であった関根要太郎の紹介で曾禰中條建築事務所に入所します。
 蔵田は、建築設計だけにとどまらず、編集者、建築ジャーナリスト…と活動の幅を広げていきます。その豊富な才能が建築界に多大な影響を与えたことは言うまでもありません。
 三橋四郎建築事務所では三橋が支援していた民間の建築雑誌『建築世界』の口絵デザインを手がけ、曾禰中條建築事務所では高松政雄を通してJ.ラスキンの思想を核とした建築論に触発されます。そして、なお向学心に燃える蔵田は中條精一郎の紹介で佐藤功一率いる早稲田大学に入学。めきめきとその頭角を現し、大正11年(1922)には東大の学生が結成した分離派建築会に初めて早稲田大学出身者としてメンバーに抜擢されました。
 また、ドイツを中心とした海外留学(1930〜31)では、雑誌『国際建築』に「国際雑記」を連載。これは1ヵ月のタイムラグで海外の情報を伝えるという、当時としては画期的な試みでした。
 そして、建築家としての蔵田は海外留学を境にデザインが大きく変容します。例えば、留学前、関根事務所時代の作品は「百十三銀行本店」(1926)や「旧多摩聖蹟記念館」(1927)などゼツェッションや表現派の影響が強く表れていますが、留学後、昭和6年(1931)に独立してから、それは一変し、“白い箱モダニズム”と言われる作風へ移行したことが分かります。その作風で理想的な住環境を実現しようとした「等々力ジートルンク計画」は施主の理解が得られず計画は頓挫。その代わり「等々力住宅区計画」の実現にこぎ着け、4棟の住宅を建設しています。
 その他、若者たちと新しい時代の生活工芸を模索する実験工房「型而工房」を主催したり、民家への熱い想いを綴った『民家帖』を発行するなど、蔵田の多才ぶりは家具や民家研究にまで及びました。
 “生活をデザインする”という思いを常に持ち続け、建築をさまざまな角度から見つめ続けた蔵田周忠は昭和41年(1966)、71歳の生涯を閉じます。
 本誌では“白い箱モダニズム”盛んな時代の代表作の中から「三輪邸(現・O邸)」、「米川邸(現・野田邸)」、「勝野邸」を紹介しています。

写真上:

「米川邸(現・野田邸)」(1928)

 ロシア文学者・米川正夫が蔵田に設計の一切を任せた住宅で、1944年まで暮らしていました。当時、蔵田はJ.ラスキンやW.モリスの影響から、生活改善運動に高い関心を寄せていました。そのため、1920年代の住宅は生活改善調査委員会の「生活改善の方針」の6つの指針を元に設計しています(1.イス式の導入、2.家族本位、3.実用的な設備、4.実用的な庭園、5.実用的な家具、6.共同住宅化)。現在にも通じる考え方を大正時代に提唱していました。
 写真は玄関脇の応接室。暖炉や丸窓のステンドグラスが文化住宅の香りを漂わせています。

三輪邸(現・O邸)三輪邸(現・O邸)

「三輪邸(現・O邸)」(1935)

 「等々力住宅区計画」で建設された4棟のうち、唯一現存している住宅です。4棟すべてに外壁には石綿スレート、内壁と天井にはテックスを用いた木造乾式工法が採用されていました。
 ところで、「三輪邸」はこの頃の作風である“白い箱モダニズム”とは違う印象があります。理由は、乾式工法によって外壁にスレート板と木の堅羽目を部分的に使用しているためと研究者は分析しています。ちなみに下の写真は竣工当時。

勝野邸

「勝野邸」(1929)

 一見、一般的な和風住宅に見えますが、道路に面した外観にはモダンな雰囲気が演出され、蔵田らしさが表れています。写真は玄関先。軒先まわりはキュービックな雰囲気を表現するため、銅版を張った水平材をまわし、樋を隠しています。ガラス戸と欄間の意匠からは構成主義が感じられ、住人は今もってそういう蔵田のデザインを大事に継承しながら住んでいらっしゃいます。

民家研究の仲間たち

民家研究の仲間たち

 左端は今和次郎、右端は竹内芳太郎、中央が蔵田(武蔵工業大学蔵田文庫所蔵)。

三輪邸平面図
古仁所邸

Documents File

 「等々力住宅区計画」の1棟である「古仁所邸」や「三輪邸」の図面、「坊城邸」の家具の設計図、W.グロピウス夫妻とツーショットのめずらしい写真などが掲載されています(写真上:武蔵工業大学蔵田文庫所蔵)。

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ