TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.178 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
特集1

吉田鉄郎

平凡さに潜むモダニズム建築の真髄

旧・馬場氏烏山別邸
吉田鉄郎

 日本の近代建築を開化させ、建築界の指標として今も語り継がれる建築家・吉田鉄郎。今号は、逓信省時代、“清純”で“真に日本的なるもの”を追い求め、独自の近代建築を切り開こうと真摯に闘った吉田鉄郎を特集します。
 吉田(旧姓・五島)は明治27年(1894)、五島家の三男として富山県福野町に生まれました。大正8年(1919)、東京帝国大学を卒業、逓信省営繕課に入省します。同年、学生時代、婚約が成立していた吉田芳枝と結婚し吉田家の養嫡子になります。
  吉田は逓信省を退官するまで数多くの庁舎建築を設計します。なかでも、「東京中央郵便局」(1931)と「大阪中央郵便局」(1939)はその代表ともいえる作品で、近代建築を開花させた最も優れた建築と言っても過言ではありません。柱・梁のプロポーションを重視した洗練された設計手法やディテールを追求する姿勢は、逓信建築の真骨頂となり、小坂秀雄、薬師寺厚、内田祥哉、高橋てい一らに継承されていきました。その一方で、小規模な和風住宅も手がけ、珠玉の小品も残しています。そのような住宅においても、大きな開口を設け、極力装飾を排し、柱・梁の構成美を見せる設計にこだわりました。つまり和風住宅においても東京・大阪中央郵便局と美の概念は共通していたのです。
 逓信建築の礎を築いた吉田ですが、戦争という不運の状況下にあって、昭和19年(1944)、逓信省を退官することになったのです。そして、戦後の混乱と資材統制の狭間におかれ、自らの設計活動よりも、これからの建築界を担う後進に望みを託すことを決心し、昭和22年(1946)、日本大学の教授となり、教育に情熱を注ぐ道を選びました。また、堪能だった語学を活かし、ドイツ語で『日本の住宅』、『日本の建築』、『日本の庭園』を出版、日本建築や文化を海外に紹介しました。昭和28年(1953)、その功績が評価され、日本建築学会賞が授与されています。その後も病と闘いながら執筆活動を続け、遺作となった『スウェーデンの建築家』は口述筆記で纏められたと言われています。
 本特集では、「大阪中央郵便局」のほか、今まで紹介されることが少なかった「旧・福野郵便局の離れ」(1923)、「旧・馬場氏烏山別邸」(1937)を紹介しています。

写真上:

「旧・馬場氏烏山別邸」(1937)※非公開

 「大阪中央郵便局」とほぼ同時期に設計された住宅です。鉄筋コンクリート造の白いタイル張りの外観は、当時、世界を席巻したモダニズム建築を象徴しているかのようです。写真は2階西側の和室です。障子を隔てた奥に配されたサンルームは、天井いっぱいまで開口部を大きくとったデザインで、光が燦々と降り注ぎ、伸びやかで開放的な空間になっています。
 また、馬場家は北陸の五大北前船主で、吉田は10代目・馬場正治との縁で「馬場氏烏山別邸」のほか、「馬場氏牛込邸」(1928)、「馬場氏那須山荘」(1928)、「馬場清彦邸」(1937)、「馬場氏熱海別邸」(1940)なども設計しています。

旧・福野郵便局の離れ

「旧・福野郵便局の離れ」(1923)

 「福野郵便局」の離れとして使われ、40年ほど前に隣家に曳家された住宅です。「福野郵便局」は、木造2階建ての小規模な郵便局で、「東京中央郵便局」よりも前に完成しています。現在は建て替えられ、現存しません。写真は曳家された住宅の2階にある座敷で、天井が高く、欄間や押入れの上部の高窓などによって、室内は明るい空間になっています。晴れる日の少ない日本海側の気候を意識して設計されたと言われています。
 ちなみに、鉄郎の父・寛平は明治24年(1891)、福野郵便局長に就任し、「福野郵便局」が竣工した時は、長兄・寛平が福野郵便局長でした。

日比谷大神宮で挙式

東京の日比谷大神宮で挙式(1919年7月15日)
(廣瀬龍夫氏所蔵)

京都中央電話局新上分局図面
日本の建築を紹介した吉田鉄郎の3部作

Documents File

 吉田の初期の作品「京都中央電話局新上分局」の図面や、ヴァスムート社から出版された書籍、吉田が亡くなる8日前にヴァスムート社に宛てた書簡、「福野郵便局」の詳細図などを紹介しています。(上:NTTファシリティーズ所蔵、下:富山テレビ放送制作 BBTスペシャル「平凡なるもの〜建築家 吉田鉄郎物語〜」より)

 

ページトップ