TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.180 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続・生き続ける建築
特集1

鈴木禎次

この特集のPDFをダウンロード

名古屋をつくった建築家

諸戸氏庭園本邸(主屋)洋室
鈴木禎次

 鈴木禎次は明治3年(1870)、静岡県に生まれました。少年時代は江戸文学にひかれますが、次第に建築を志すようになり、明治26年(1893)、帝国大学工科大学造家学科に入学します。明治29年(1896)には、耐震構造の研究を師・辰野金吾に勧められ、大学院に進学します。その研究が横河民輔の目にとまり、卒業と同時に三井に就職し、横河民輔の補佐として鉄骨構造による三井総本店の設計に参加します。
 その後、三井で耐震構造や大規模建築の設計実務を終えた禎次は、明治36年(1903)、西洋建築視察のため、ヨーロッパへ留学します。帰国後、36歳という若さで名古屋高等工業学校建築科教授、建築科長に就任。ここから、名古屋を拠点とした設計活動を始めます。当時の名古屋の中心部には44棟の建築が存在したと言われ、多くの百貨店建築や銀行建築を残しました。
 生涯をかけて名古屋の発展に尽力した鈴木禎次は、昭和16年(1941)、71歳でこの世を去ります。
 本誌では「旧中埜家住宅」、「岡崎銀行本店」、「諸戸氏庭園本邸(主屋)洋室」を紹介しています。


写真上:

「諸戸氏庭園本邸(主屋)洋室」(1917-18)

 桑名の山林王・諸戸精太が、初代諸戸清六から引き継いだ諸戸氏庭園本邸の和館に増築した洋室です。
 小さい中にも、イオニア風独立柱、歯飾りの付いたコーニスや持ち送り、白大理石のマントルピース、ステンドグラス、金で縁取られた木部など、さまざまな装飾を施し、細部までこだわった豪華な室内です。

旧中埜家住宅

「旧中埜家住宅」(1911)

 半田有数の有力者・第10代中埜半六の住宅です。
 柱、梁、斜材などの骨組をそのまま現すハーフティンバー様式を用いた外観は、リズム感があり軽快にまとめられています。国の重要文化財に指定されていますが、1階は「紅茶専門店 T's CAFE」として使われ、地元では“優雅な気分が味わえるカフェ”として人気です。

岡崎銀行本店(現・岡崎信用金庫資料館)

「岡崎銀行本店(現・岡崎信用金庫資料館)」(1916)

 鈴木が得意とした銀行建築のひとつです。
 ペディメントやオーダー、ドームなどの古典様式を基本に設計され、岡崎産の白御影石と赤レンガのコントラストが、重厚さの中にも華やかな印象を与えています。

ドキュメント・ファイル|略歴|主な作品
 ドローイングの他、略歴や作品年譜を掲載しています。

本論 名古屋市立大学大学院芸術工学研究科教授|瀬口哲夫

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ