TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.182 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続々モダニズムの軌跡
特集2

長谷川逸子×古谷誠章

 
長谷川逸子×古谷誠章

続いてきたものから新しい考えをつくる。

 1996年に始まった特集「モダニズムの軌跡」の続編シリーズです。建築家・古谷誠章氏を聞き手に、今なお時代を導く人として建築界で活躍する建築家にスポットを当てた、ロングインタビューです。
 今回のゲストは長谷川逸子氏です。菊竹清訓、篠原一男らの大建築家に師事し、1979年、長谷川逸子・建築計画工房を設立します。1986年には、「湘南台文化センター」のコンペで1等を獲得し、脚光を浴びます。ワークショップをいち早く導入し、市民の声に耳を傾け設計活動に邁進してきた長谷川氏の1980年代から2000年に至るまでの作品の足跡を辿りながら話を伺いました。

特集の本論・コラム PDFをダウンロード 特集の対談・年譜 PDFをダウンロード
松山・桑原の住宅
新潟市民芸術文化会館
山梨フルーツミュージアム

対談

長谷川|私のつくる空間は“ガランドウ”と“原っぱ”です。住宅のようなものはガランドウ。公共建築をやるようになって原っぱと言うようになった。公共建築でびっくりしたんですが、大体、複合建築をやると、図書室は何m2、ホールは何m2って細かく書いてありますね。私は、一応は尊重するんですが、実は、その合計のガランドウしかつくっていないことがあるんですよ。つまり、情報をいっぱい集めて、先の先まで延々と持続する建築をつくる方法を考えたい。表現としてもそういうものが欲しいわけですね。そこの枠の中に閉じ込めるのではなく、少しでもいいからはみ出していけるような場であってほしい。
古谷|“ガランドウ”というのは、僕も本当に好きで、この間も、僕は『がらんどう』という本を出しちゃったんです。まさにおっしゃったように、何かこまごまとしたもの、それに即応するように空間をつくるよりは、もう少しざっくりと大きなガランドウであった方がいいと、いつも思っているんです。
長谷川|私は小さい時に、焼津の高草山のお寺に母にしょっちゅう連れて行かれて、夏なんかそこに泊まって座禅をさせられたりしましたけど、お寺はガランドウです。広いところで昼寝をすると、とても気持良かった。民家も本当にガランドウでしょう。そういう方が、時間が読み取れていろいろな活動の空間に対応できる。住宅設計で施主と長いことコミュニケーションして、いろんな情報を得ながら、たくさんの情報を詰め込んだ末に“ガランドウ”をつくろうと考えたんですね。公共建築でもそうなんです。しょっちゅう私は違反していると思いますよ(笑)。プログラムもよく読むんですけど、このプログラムは一体、誰から情報を収集してつくったんだろうという疑問を抱くことが多い。だからコンペの時は、とにかく大きな空間というか“場”をつくっておいて、後々、どうにでもなるようにしておく。今のためにつくったらすぐに古くなっちゃいますから。

本論 建築家|比嘉武彦氏
コラム 建築家|町田 敦氏

左写真上から:「松山・桑原の住宅」、「新潟市民芸術文化会館」、「山梨フルーツミュージアム」(写真3点とも:長谷川逸子・建築計画工房)

   

特集の本論・コラム PDFをダウンロード 特集の対談・年譜 PDFをダウンロード

ページトップ