TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.182 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
ホスピタリティに見るデザイン
特集3

箱根・翠松園

この特集のPDFをダウンロード

新タイプの“現代和風旅館”

客室・尚(ねがう)のリビング・ダイニング


 第4回目は、日本有数の温泉地、箱根にある「箱根・翠松園」です。
 この旅館は、国の登録有形文化財・旧三井翠松園の名を継承する新しいタイプの“現代和風旅館”。日本旅館の贅を尽くしたおもてなしと、シティホテルの機能性とプライバシーを融合させた、“RYOKAN”スタイルというコンセプトを持つ、世界に向けた日本リゾートです。
 メインダイニングとして再生した旧三井翠松園の「レストラン・紅葉」を中心に、3,000坪の敷地には、和と洋が混在して極める23室のラグジュアリーな別邸が点在しています。インテリアは全室、趣が異なるスイートルーム仕様です。
 リピーター客を魅了してやまない、ソフト・ハード両面のホスピタリティを紹介しています。

客室・章(あや)のベッドルーム
レストラン・紅葉

建築概要

名称:箱根・翠松園
所在地:神奈川県足柄下郡箱根町小涌谷519-9
客室数:23室
開業:2007年
ホームページ:http://www.hakonesuishoen.jp/
内装設計:M-style

デザイナーズ・コメント ディレクター、M-style代表取締役|真田雅郁氏
 オーナーズ・コメント 箱根・翠松園 総支配人|清崎努氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ