TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.183 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続・生き続ける建築
特集1

渡辺 仁

この特集のPDFをダウンロード

歴史主義の成熟とモダニズム

東京帝室博物館
渡辺 仁

 渡辺仁は明治20年(1887)、東京に生まれました。学習院中等科在学中に日本画を学ぶなど、早くから芸術心を持った少年でした。明治42年(1909)、東京帝国大学工科大学建築学科に入学。卒業と同時に独立を望みますが、父の勧めによって鉄道院に入り、5年後には逓信省に移ります。官庁でありながら自由な気風あふれる逓信省で本格的な設計活動を開始し、いち早くゼセッションスタイルの流れを受け止めます。「高輪電話局」(1918)や「日本橋電話局」(1920)はその代表ともいえる作品で、吉田鉄郎、山田守らが活躍する、次代への橋渡し役をしたといわれています。
 大正9年(1920)、父の逝去を機に念願の渡辺仁建築工務所を開設。しばらくして、建築界の今後を考えるため1年余りの欧米旅行に出ます。そこから渡辺仁のデザインにはモダンな味が加わったといいます。帰国後は、さまざまな様式を自在に使いこなす技にいっそう磨きがかかり、渡辺仁独自のスタイルをもった作品を数多く残しました。
 一方で積極的にコンペに参加し、昭和5年(1930)の「軍人会館」や、昭和6年(1931)の「東京帝室博物館」のコンペ応募作は、RC造と日本の伝統的モチーフを融合させた“日本趣味建築”に習熟した提案で、日本趣味建築の最後を飾る作品であるともいわれています。
 時代の要請に従ってデザインを巧みに使い分け、ついにはモダニズムへとつながる建築界の変革期を担った功績は大きいといえます。渡辺仁は建築人生において、自分の建築観を一切、書き残していません。今号は、卓越したデザイン力が厳然とみなぎっている渡辺仁の作品から、彼の建築観を解読しました。
 本誌では、「徳川義親侯爵邸」、「東京帝室博物館」、「原邦造邸」を紹介しています。
 
写真上:

「東京帝室博物館(現・東京国立博物館 本館)」(1937)

 この建物は、コンペで1等を獲得した渡辺仁案に、審査委員だった伊東忠太らによって、実施段階で棟に反りを付けるなど、若干手が加えられています。最優秀に選ばれた渡辺仁案は、“日本趣味建築”の集大成といわれています。
 写真は階段まわりです。格天井には日本風のモチーフが、壁の装飾には東洋風のモチーフが採用され、さまざまなデザイン様式を巧みに使いこなした渡辺仁の面影をうかがうことができます。

「徳川義親侯爵邸」

「徳川義親侯爵邸(現・八ヶ岳高原ヒュッテ)」(1934)

 渡辺仁の母校・学習院を通じて交友関係があった徳川家のために設計した住宅です。チューダー様式を用い、白壁と直線、斜線を組み合わせた軸部のコントラストが印象的です。大小4つの妻をリズミカルに組み合わせた外観は、渡辺仁のデザイン力の高さが存分に発揮されています。

「原邦造邸」

「原邦造邸(現・原美術館)」(1938)

 無装飾の壁や吹抜け、屋上庭園など、モダニズムの建築言語をまとった作品です。随所にスチールワークや色大理石などの豪華な仕上げが施され、アール・デコの香りも漂っています。歴史主義をわずかに残した初期モダニズムの傑作といわれています。
 住宅として設計され、現在は美術館として使われています。

ドキュメント・ファイル|略歴|主な作品
 ドローイングの他、略歴や主な作品年譜を掲載しています。

本論 建築史家/日本大学理工学部建築学科教授|大川三雄氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ