TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.183 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
連載1
連載1

わたしのフォトメモ

ベーテル

「福祉のまち ベーテル」
 カメラでメモした気軽に読めるフォトエッセイ。シリーズテーマは“街並み”です。
 今回は建築家・山下保博氏です。ベーテルのまちの起源は、1867年に設立された、てんかん患者のための施設に由来します。そこには健常者と非健常者の区別はありません。氏はそこに暮らす人々の空気感によってつくられたというまちの風景に、何とも言えない感動を覚えたといいます。福祉の理想郷といわれるベーテルの、心安らぐフォトメモです。

この連載のPDFをダウンロード

Architect at Home

而邸
而邸・スケッチ

「泉 幸甫|而邸」
 建築家・中村好文氏が建築家の自邸を訪問するエッセイ。氏の鋭くも温かいまなざしが捉えたものは…。手描きのスケッチを交えたほのぼのとした好文ワールドをご堪能いただけます。
 第17回目に登場するのは、素材派の建築家として名を馳せる泉幸甫氏の「而邸」です。
 この住宅には、カラマツの一枚板、コテ磨きされた漆喰壁、吉野スギの化粧梁など、そこかしこに泉氏こだわりの品がちりばめられています。しかし、その素材の陰には、明快で居心地の良い平面計画が潜んでいると中村氏は洞察しています。趣の異なる空間が軽やかに連続する魅力に満ちた住宅です。

この連載のPDFをダウンロード

建築家の往復書簡

「不可能なことにむかいあったとき…」
 原広司氏と磯崎新氏が30年の時を超え、共に巨匠となった今、往復書簡で再会するシリーズもの。
 「建築家の往復書簡」をお楽しみください。

この連載のPDFをダウンロード

ページトップ