TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.184 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
ホスピタリティに見るデザイン
特集3

シャングリ・ラ ホテル 東京

この特集のPDFをダウンロード

アジアから発信したラグジュアリー・リゾート・ホテル

デラックスルーム


 連載6回目は、東京・丸の内にある「シャングリ・ラ ホテル 東京」です。
 「シャングリ・ラ ホテル」は香港を拠点に、世界に展開するラグジュアリー・リゾート・ホテルです。2009年3月、満を持して東京進出を果たした「シャングリ・ラ ホテル 東京」は、東京駅に隣接した37階建て複合ビルの最上階、11フロアに位置し、西に丸の内界隈と皇居の森、東に東京湾…、どのゲストルームからも素晴らしい眺望を楽しむことができます。大きなシャンデリア、植物がモチーフのファブリックやアートワーク、有機的な色調でまとめられたインテリアなど、ここでは「シャングリ・ラ ホテル」のDNAが居心地の良い空間をつくり出しています。ハード・ソフト両面から、充実したホテルステイを堪能できる理由を探りました。
 今号は、「シャングリ・ラ ホテル 東京」のホスピタリティとは…を同ホテルの武井絵美氏に、そして、全体のインテリアを手がけたハーシュ・ベドナー・アソシエイツの堀井直子氏には、“シャングリ・ラのDNA”と呼ばれる世界共通のデザインエレメントを駆使したデザイン手法について披露していただきました。

28階エレベータ前ロビー
イタリア料理ピャチェーレ

建築概要

名称:シャングリ・ラ ホテル 東京
所在地:東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館地下1階、1階、27-37階
客室数:200室
開業:2009年
ホームページ:http://www.shangri-la.com/jp/
内装設計:ハーシュ・ベドナー・アソシエイツ(全体)、AFSO(ピャチェーレ・なだ万・ホライゾンクラブラウンジ)

ホテルズ・コメント シャングリ・ラ ホテル 東京 コミュニケーションディレクター|武井絵美氏
デザイナーズ・コメント ハーシュ・べドナー・アソシエイツ アソシエイトディレクター|堀井直子氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ