TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.185 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続・生き続ける建築
特集1

高橋貞太郎

この特集のPDFをダウンロード

建築家としての進むべき道を模索

学士会館
高橋貞太郎

 明治25年(1892)、滋賀県に生まれた高橋貞太郎は、三高を経て、東京帝国大学工科大学建築学科に進みました。大学では、当時、学生に大きな影響を与えていた佐野利器に学び、卒業時には恩賜の銀時計をもらうなど、成績優秀でした。大学卒業後は佐野の命により、滝川鉄筋コンクリート工務所、内務省、宮内省、復興建築助成株式会社に勤務し、実務経験を積みます。一方で、積極的にコンペにも参加し、高成績を上げています。昭和3年(1928)に竣工した「学士会館」もそのひとつで、復興建築助成株式会社で震災復興の現場指揮をとっていた経験を活かし、随所に震災の教訓を組み込んだ構造・防災面の配慮がされています。また「日本生命館(現・日本高島屋)」(1933)は、ルネサンス様式を基調としながらも和風要素を残す百貨店建築として、今なお、生き続けています。
 昭和5年(1930)、帝国ホテル支配人の犬丸徹三との邂逅を得て独立。以降はホテル建築の仕事に恵まれ、やがてはその道のスペシャリストとして名を馳せます。「上高地ホテル」(1933)、「川奈ホテル」(1936)などはその代表といわれる作品です。そして犬丸の絶対的な信頼を得て、F.L.ライト設計の帝国ホテル本館の解体を伴った新本館の設計を委嘱されます。圧倒的な保存支持の声の中で、高橋は孤立しながらも、ひたすら設計に精力を注ぎ込みました。
 今号は、佐野との関係や、帝国ホテル取り壊しの側面ばかりが強調されてきた高橋に、別の面からスポットを当て、新たな高橋貞太郎を浮き彫りにしています。本誌では、「学士会館」、「前田利為侯爵邸」、「川奈ホテル」を紹介しています。
 
写真上:

「学士会館」(1928)

 学士会会員のために建てられた倶楽部建築です。高橋は、学士会館に“大家族の一家庭のような親しみ”を持たせるため、1階を会員の居間、2階を御客用、3階を書斎、4階を寝室と見立て、“アットホーム”な雰囲気を醸し出すように設計しています。
 写真は、旧館正面玄関です。玄関は建物の大きさに比べてやや小ぶりに抑えていますが、これは会員に対し、“戻るべき家”の感覚をもたせるためだといわれています。また、天井にはさまざまな植物をモチーフにしたモールディング(縁飾り)が施され、格式ある印象を与えています。細部にわたり高橋のこだわりが現れた作品です。

前田利為侯爵邸

「前田利為侯爵邸」(1928)

 加賀百万石の旧前田家当主・前田利為のためにつくられた邸宅です。写真は西面外観で、ここが正面入り口にあたります。そして、尖りの多いにぎやかな稜線の屋根が、ずっしりとした印象の中にも軽やかな雰囲気を与えています。ホテル建築のみならず、豪邸建築も得意とした高橋の面影をうかがうことができます。

川奈ホテル

「川奈ホテル」(1936)

 高橋が多く手がけたホテル建築の中で名作といわれるホテルです。写真はメインロビーで、海を臨むテラスに向けて大きく開いており、川奈の雄大な景色を楽しむことができます。メインロビーの他、談話室、読書室、レストランなどパブリックスペースがゆったりと計画され、ホテル建築を得意とした高橋の手腕が存分に発揮されています。

ドキュメント・ファイル|略歴|主な作品
 ドローイングの他、略歴や主な作品年譜を掲載しています。

本論 広島国際大学工学部住環境デザイン学科准教授|砂本文彦氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ