TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.186 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続・生き続ける建築
特集1

堀口捨己

この特集のPDFをダウンロード

堀口捨己の和風建築─論理性・現代性重視の“強い表現”

八勝館みゆきの間
堀口捨己

 明治28年(1895)、岐阜県に生まれた堀口捨己は、第六高等学校を経て、東京帝国大学工科大学建築学科に進みました。卒業を控えた大正9年(1920)、石本喜久治、瀧澤眞弓、森田慶一、山田守、矢田茂と分離派建築会を結成。過去の建築様式から分離した新たな建築をアピールするため、展覧会の開催や作品集を出版します。それらの活動は大正9年(1920)から昭和3年(1928)までの9年間に及び、若い建築家に大きな影響を与えました。以後、さまざまな建築運動が起こり、この分離派建築会の活動は日本の近代建築運動の先駆けと言われています。
 卒業後は、平和記念東京博覧会公営課技術員を務め、幾つかのパビリオンを設計。その後、2年ほど清水組技師として働き、大正14年(1925)頃から本格的に設計活動を始めます。その傍ら、茶室研究に励み、書院造りに茶室の美学を取り入れた“数寄屋造り”を日本建築の真髄と位置づけ賞賛します。さらに数寄屋造りは、近代建築と同様の“普遍性”を持ち、ヨーロッパが20世紀にようやく気づいた“非相称性重視の美学”を兼ね備えていると主張。ヨーロッパの動向に精通していた堀口のフィルターを通した解釈は脚光を浴びます。
 堀口にとって、和風建築も現代建築であり、その根底にある数寄屋造りを軸にした建築観や美学は、晩年の作品に多く見られる鉄筋コンクリート造であっても何ら変わるものではなかったといいます。
 今回は、若い頃はモダニストで、やがて日本回帰した建築家のひとりと見られがちな堀口を、彼の建築に潜む“論理性”と“現代性”を重視した視点から再評価します。本誌では「八勝館みゆきの間」を始め、「明治大学和泉第二校舎(大教室)」、「常滑陶芸研究所」を紹介しています。
 
写真上:

「八勝館みゆきの間」(1950)

 堀口の和風建築の真骨頂と言われる作品です。写真は一の間で、この建物は16畳の一の間と10畳の二の間からなり、その外周にはL字型に入側(座敷と濡縁の間に設けられた細長い縁側)がまわっています。一の間、二の間、入側境の建具が適宜開放できるよう設計されているため、襖を開ければ大空間として使え、障子を開放すれば庭の景観も楽しめるという、機能を重視したプランになっています。小壁いっぱいに明かり障子を入れるのは堀口の後期の和風建築の特徴で、これはその最初の作品です。古典建築のモチーフを引用しながら現代生活に適応させるなど、堀口の手腕が存分に発揮されています。

明治大学和泉第二校舎(大教室)

「明治大学和泉第二校舎(大教室)」(1960)

 堀口が設計した明治大学の建物の中でも名作と言われる学校建築です。工費が極めて厳しかったことから、廊下を外に配し、壁2枚分の工費削減に寄与しています。廊下を教室の床勾配(1/8)に合わせたダイナミックな外観が堀口特有の“強い表現”となり、今なお凛とした佇まいを見せています。

常滑陶芸研究所

「常滑陶芸研究所」(1961)

 この建物は、陶芸の振興を目的に建てられた研究施設です。ここでは展示室や事務室、和室など、機能やボリュームが異なる部屋を1つの建物に収めることが条件だったことから、天井の高い展示室を正面左側に、事務室や和室を右側に配しています。その結果、立面は非相称になり、堀口得意の表現をうかがうことができます。
 また、陶芸施設ということから、建物全体に紫色の彩度を変えた小口タイルを張り分け、グラデーションをつけています。そして正面の金色の文字と相まって華やかな印象を与えています。

ドキュメント・ファイル|略歴|主な作品
 ドローイングの他、略歴や主な作品年譜を掲載しています。

本論 東京工業大学大学院教授|藤岡洋保氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ