TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.187 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続・生き続ける建築
特集1

中村與資平

中村與資平─世界を見た日本人建築家

静岡市庁舎
中村與資平

 中村與資平は明治13年(1880)、静岡県に生まれました。三高を経て、明治35年(1902)、東京帝国大学建築学科に進学。卒業後は、当時、建築界を牽引していた辰野金吾・葛西万司が共同主宰する辰野葛西事務所に入所します。転機が訪れたのはその2年後、辰野の信頼を得た中村は、第一銀行韓国総支店の設計を任されます。設計を終えると監理のために韓国・ソウルへと向かい、これが中村と朝鮮半島を結ぶきっかけとなります。明治45年(1912)に竣工したこの建物は、RC造の床を石造と鉄骨レンガ造の柱で支えた混構造で、100年たった現在も、韓国貨幣金融博物館として転用され使われています。
 第一銀行韓国総支店の竣工を見届けた中村は、朝鮮銀行の建築顧問の職を得たことで韓国に留まることを決心し、辰野葛西事務所を辞めて独立します。以降、約10年にわたり朝鮮半島で銀行建築を中心に設計活動を行い、主要な都市には必ず彼の建物があると言われるほど、多くの作品を残しました。しかし、大正9年(1920)の事務所の焼失を機に活動拠点を東京に移すことを決意し、その前にほぼ1年間、欧米視察した後、帰国して東京に中村工務所を開設しました。最初の仕事は、当時、東京市が進めていた小学校校舎のRC造化に協力することでした。中村が依頼されたのは番町小学校(1924)の設計で、ここで中村は欧米視察中のドイツで見た学校形態を参考に、校舎内にシャワー室と日光浴室を設けました。これは、衛生状態の悪い居住環境に置かれた子どもたちの健康対策として提案されたもので、以後、東京市が建てた小学校校舎にはシャワー室と日光浴室を設ける例が多くなり、当時の学校建築に大きな影響を与えました。
 関東大震災後は、東京に事務所を開設してから独学で勉強していたRC造の設計に一層、力を注ぎながら、東京と静岡を中心に活動します。彼が設計した59件の物件(住宅を除く)のうち静岡にある建物は25件に上り、静岡県庁舎(1937)の実施設計を始め、静岡市公会堂(1935)、浜松市公会堂(1927)など、多くの公共建築を設計しています。晩年は、戦争により浜松に疎開し、ドイツで感銘を受けた科学教育を日本の子どもたちにも学ばせたいという強い思いから、昭和27年(1952)、静岡県教育委員になります。昭和31年(1956)には静岡県教育委員会副委員長を務め、建築家としてだけではなく教育者としても広く活躍しました。
 今号は、明治末期に海を渡り、朝鮮半島を拠点に活躍した建築家・中村與資平の生涯を振り返りました。本誌では「浜松銀行集会所」、「豊橋市公会堂」、「静岡市庁舎」を紹介しています。
 
写真上:

「静岡市庁舎(現・静岡市役所静岡庁舎本館)」(1934)

 静岡県で最初に国の登録有形文化財に登録された建物です。写真は3階市議会議場。正面に議長席、その左右に市長などの市役所幹部席、手前に議員席、そして4階に吹抜けを取り囲むように傍聴席を設けています。吹抜けがダイナミックさを強調しながらも、ステンドグラスやチューダー様式を用いた腰壁、梁の装飾によって瀟酒な雰囲気を醸し出しています。

浜松銀行集会所

「浜松銀行集会所(現・旧浜松銀行協会(木下惠介記念館))」(1930)

 銀行支店長などの責任者が集まって情報交換をしたり、銀行間の手形交換などを行う施設として使われた建物です。写真は北面全景で、右側の瑠璃色のスペイン瓦を載せて軒屋根をまわした部分は講堂。中村が細部にまでこだわった珠玉の小品です。

豊橋市公会堂

「豊橋市公会堂」(1931)

 正面中央に大階段を設けて来訪者を2階へと誘導する手法は、日本の公会堂としては少ない例だと言われています。写真は大階段を上った先にあるエントランスポーチです。左側の建物正面の半円アーチに合わせ、天井を交差ヴォールトとしているところに、中村の西洋建築に対する理解の深さがうかがえます。

ドキュメント・ファイル|略歴|主な作品
 ドローイングの他、略歴や主な作品年譜を掲載しています。

本論 建築史家・名古屋大学環境学研究科准教授|西澤泰彦氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ