TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.187 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
ホスピタリティに見るデザイン
特集3

あさば

この特集のPDFをダウンロード

長い歴史の中で育まれた穏やかな世界を醸し出す老舗旅館

客室・松風


 連載9回目に登場するのは、静岡県修善寺にある老舗旅館「あさば」です。
 「あさば」は1489年、浅羽弥九郎幸忠が門前に宿坊を開いたことに始まります。爾来520年、湯の郷・修善寺の良さを守りながら、17室の宿とともに時を刻んできました。圧倒的な存在感を放つ賓客門を一歩踏み入ると、水面には能舞台が顔を見せ、竹林と木々の緑、滝と風の音、小鳥のさえずり、池のさざ波など、600坪の庭には「あさば」特有の穏やかな世界が広がります。一方、客室は “侘び寂び”が漂うようなシンプルな佇まいとし、素材の持ち味を活かした料理、季節ごとの趣向など、何ごとも控えめ、いわばマイナスの美学が旅館全体に息づいています。唯一の贅といえば、部屋に居ながらにして鑑賞できる能。今では、国内外問わず、さまざまな客を魅了しています。
 四季を愛でるおもてなしや、能を中心にした独自のスタイルが評価され、1987年からフランスの「ルレ・エ・シャトー」に加盟した「あさば」。今号は、520年の歴史の中で育まれてきた“あさばの流儀”を当主の浅羽一秀氏に、そして1998年から改修に携わっている横川正広氏は、数寄屋の考え方を活かした改修について解説していただきました。

客室・巻絹
見床

建築概要

名称:あさば
所在地:静岡県伊豆市修善寺3450-1
客室数:17室
創業:1489年|改修:1998年〜
改修設計:志水正弘・林公子、横川正広建築設計事務所

デザイナーズ・コメント 建築家・横川正広建築設計事務所代表取締役|横川正広氏
ホテルズ・コメント あさば 当主|浅羽一秀氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ