TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.188 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続・生き続ける建築
特集1

渡邊 節

この特集のPDFをダウンロード

王道を歩んだ様式主義建築家

乾邸
渡辺節

 明治17年(1884)、東京に生まれた渡辺節は二高を卒業後、東京帝国大学工科大学建築学科に進学します。卒業後は韓国政府度支部、鉄道院を経て、大正5年(1916)、大阪と東京に渡辺建築事務所を開設。この時期、特に大阪は好景気に沸いていたことから、紡績・銀行関係が隆盛で、多くの建築を設計します。なかでも旧大阪商船神戸支店(1922)の設計にあたっては、欧米の建築視察に出かけ、様式、新素材、新工法を直に体験し、帰国すると早速、日本で活かし、テラコッタやオフィスビルの伝統様式を取り入れた外観を見事にまとめています。その後、再び欧米の建築視察によって、アメリカ的合理主義を学び、渡辺独自のスタイルを確立していきました。それと並行して渡辺の作風には、古典を踏襲した多様な様式を自由に使い分ける一面も見られます。日本興業銀行本店(1923)では、ルネサンス様式やイオニア式オーダーなどを用い、様式建築の魅力を引き出しています。
 先見の明があった渡辺は、実利的なプランニング、先進的な設備、施工面のコストダウン、新工法による工期短縮など、実質面での合理性を追求。その実績が関西実業家の信頼を得ることにつながります。加えて渡辺は人望が厚く、村野藤吾や須藤員雄を始め、優れたスタッフにも恵まれ、八面六臂の活躍だったといわれています。「綿業会館」(1931)は、その頃手がけた渡辺建築を代表する作品です。特に渡辺自ら構成してデザインした談話室のタイルタペストリーは異彩を放ち、さらに随所に村野のチーフ・デザイナーとしての力量を垣間見ることができます。戦後は大阪府建築士会の初代会長を始め、関西建築界の団結・発展に体力の限界を顧みず尽力しました。
 デザインのみならず先端の技術を取り入れた建築を次々に実現していき、建築界での地位を不動のものにした渡辺節の作品を読み解きながら、彼の人間像を浮き彫りにしました。本誌では、「旧大阪商船神戸支店」、「綿業会館」、「乾邸」を紹介しています。
 
写真上:

「乾邸」(1937)

 乾汽船の四代目・乾新兵衛氏のために建てられた邸宅です。写真は玄関ホール。階段まわりをジャコビアン風でまとめ、手摺りにはジャコビアン様式特有の骨太な唐草模様の透かしのある木彫り、その奥の壁にはジャコビアン織りのタペストリーを飾るなど、全体をダークな空間にまとめており、今なお豪華な雰囲気が漂っています。

旧大阪商船神戸支店

「旧大阪商船神戸支店」(1922)

 今では神戸海岸通りのシンボル的存在になっているオフィスビルです。全体を三層構成とし、1階はルスチカ(切石積み)風、中間部はテラコッタ張り、その上に軒蛇腹を配すなど、ルネサンス風オフィスビルを特長的にデザインしています。ここで渡辺は、テラコッタとプラスターをアメリカから輸入して採用しました。それは日本初の試みだったといいます。デザイン、工法が融合した先駆的な作品です。

綿業会館

「綿業会館」(1931)

 日本紡織業発生地として栄えた大阪に、綿業関係者の交流の場として建てられた施設が綿業会館です。写真は、会館の最も重要な空間である談話室。窯変タイルによるタペストリー風の壁面装飾は圧巻で、渡辺自ら京都の泰山が焼いたタイルを全体のコンビネーションを考え、一枚一枚、丁寧に張り上げたといわれています。高い天井、広い空間が、重厚で落ち着いた雰囲気を醸し出しています。渡辺渾身の作品です。

ドキュメント・ファイル|略歴|主な作品
 ドローイングの他、略歴や主な作品年譜を掲載しています。

本論 建築史家・神戸芸術工科大学名誉教授|坂本勝比古氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ