TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.190 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続・生き続ける建築
特集1

ジョサイア・コンドル

この特集のPDFをダウンロード

建築家という存在

岩崎久彌邸
コンドル

 1852年、イギリス・ロンドンに生まれたジョサイア・コンドルは、サウスケンジントン・アート・スクール、ロンドン大学の2つの学校で建築を学びます。1873年には、ゴシック・リヴァイヴァルの大家であったウィリアム・バージェスの事務所で働き、ゴシック様式を習得し、装飾についての感性を身に付けます。特にバージェスは、当時知られ始めていた日本の芸術品に夢中になっており、それが、コンドルが日本に興味を抱くきっかけになったとも言われています。バージェス事務所から独立すると、王立建築家協会主催の設計競技に応募して入賞し、ソーンメダルを獲得。一躍注目を集め、今後の活躍を期待されていました。しかし突然、日本政府に招聘され、1877年、工部大学校造家学科の教師として来日します。
 大学では、歴史や計画、構造などを教え、さらには、実際の建築設計に学生を参加させるなど、日本の建築教育に力を注ぎ、飛躍的な成果を上げたと言われています。彼の元を卒業した建築家には、辰野金吾、片山東熊、曾禰達蔵といった日本建築界の礎を築いた重鎮たちが名を連ねます。コンドルは日本の近代建築黎明期を牽引する重責を担ったと言っても過言ではありません。
 教職者として活躍する一方、日本政府の委嘱として、「鹿鳴館」(1883)や東京大学の校舎など、多くの建築を設計します。1888年に36歳で大学を退き、設計事務所を設立。三菱、三井といった財閥関係の知己を得て、大邸宅の設計を次々と依頼され、さまざまな建築様式を駆使しながら、日本に建てられる西洋建築に日本らしさを取り入れた名建築を残しました。また、来日以前から興味があった日本文化を熱心に探求し、河鍋暁斎のもとで日本画を学び、造園や生け花の著作を発表するなど、海外における日本文化の理解にも尽力しました。
 今シリーズ最終回になる今号は、「岩崎久彌邸」、「三井家倶楽部」、「古河虎之助邸」など、明治期における上流階級の生活の貴重な遺構を紹介しながら、コンドルが日本に残した足跡を辿りました。
 
写真上:

「岩崎久彌邸(現・旧岩崎邸庭園)」(1896)

 三菱財閥3代目・岩崎久彌のために建てられた住宅です。コンドルは、建築の機能や歴史・地理的条件を考慮しながら様式を選択したといいます。ここでは、オリエントのイスラム様式を採用しています。
 写真は、1階婦人客室。イスラム様式の特徴である多弁アーチを部屋のコーナーに置き、円形を強調したパターンや刺繍を施したクロス貼りの天井などによって、異国的でかつ女性的な雰囲気を醸し出しています。邸宅建築家として名を馳せたコンドルの代表的な作品です。1999年に、屋敷全体が国の重要文化財に指定されました。

三井家倶楽部

「三井家倶楽部(現・綱町三井倶楽部)」(非公開)(1913)

 三井家の迎賓館として建てられ、現在は、三井グループの会員制倶楽部として利用されています。
 写真は庭園側正面外観です。中央部のベランダが湾曲して張り出していることから、バロック的構成を用いていることが分かります。コンドル後期の様式と言われています。外壁は月出石という白色の石材。“迎賓館”にふさわしく、華麗で瀟酒な風格を漂わせています。
 (写真:『綱町三井倶楽部』[三井不動産/1999])

古河虎之助邸

「古河虎之助邸(現・旧古河庭園大谷美術館)」(1917)

 古河財閥3代目・古河虎之助のために建てられた住宅です。写真は南面全景。新小松石による仕上げで、重厚な印象を与えています。また、春と秋にはテラス越しに邸宅前のバラ園の美しい風景が楽しめるように設計されています。古河庭園は西洋庭園と和風庭園が調和する巨大な庭園で、国の名勝指定を受けています。

ドキュメント・ファイル|略歴|主な作品
 ドローイングの他、略歴や主な作品年譜を掲載しています。

本論 建築史家|鈴木博之氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ