TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.190 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
連載1
連載1

わたしのフォトメモ

台湾・台北

「鳥かごのまち」
 カメラでメモした気軽に読めるフォトエッセイ。シリーズテーマは“街並み”です。
 今回は、建築家・青木淳氏です。台湾では、住宅のベランダなどに防犯用の柵が張られています。氏は、線材で出来ている柵が、まちに細かいテクスチュアを与え、まち並みの一部になっているのではないか…と推察し、シャッターを押したといいます。そこには、旅行者だからこそ見えてきた、その国特有の文化が生み出すまち並みが広がっていました。

この連載のPDFをダウンロード

Architect at Home

House SA
House SA・スケッチ

「坂本一成|House SA」
 建築家・中村好文氏が建築家の自邸を訪問するエッセイ。氏の鋭くも温かいまなざしが捉えたものは…。手描きのスケッチを交えたほのぼのとした好文ワールドをご堪能いただけます。
 今シリーズの最終回に登場するのは、建築家・坂本一成氏の自邸です。この住宅は、玄関が下階と上階の中間にあり、下に下りていくとダイニングスペース、上に上っていくと居間的なスペース、さらに上っていくと寝室コーナーといった具合に、坂本氏のコンセプトどおり「螺旋的な構成で、連続的な広がり」を実現しています。中村氏いわく、「一番上から見おろすと、棚田とその脇に寄り添う畦道のようだ」と…。その畦道と呼ばれる段々状の階段の脇には雑貨、玩具、民芸品などの膨大な量のコレクションが飾られています。
 駅から続く坂道を上っていくと、自然と住宅内の畦道につながる…という敷地形状や周辺環境など、外的要因を積極的に取り入れた、坂本氏渾身の住宅を紹介しています。

この連載のPDFをダウンロード

建築家の往復書簡

「結局のところ私たちは、ラディカルな虚構性の提起に生きている…」
 原広司氏と磯崎新氏が30年の時を超え、共に巨匠となった今、往復書簡で再会するシリーズもの。
 「建築家の往復書簡」をお楽しみください。

この連載のPDFをダウンロード

ページトップ