TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.190 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
連載2
連載2

世界のタイル事典

吾妻焼

吾妻焼から和製ヴィクトリアン・タイルへ

 前号に引き続き、今号は明治時代につくられた日本のタイルを紹介します。明治維新後、産業の近代化が進む中で登場したタイルが「吾妻焼」です。日本の近代窯業の育ての親と言われるドイツ人化学者、ゴットフリード・ワグネル博士によって考案され、日本で初めて、水圧による半乾式圧搾成形法でつくられました。明治20年には「旭焼」と改称し、日本画の画調を反映する絵付けを追求。ワグネル逝去後は、ワグネルから原料の調合、製造技術、窯業技術を学んだ弟子たちが試行錯誤を繰り返し、ヴィクトリアン・タイル調の意匠を模した「和製ヴィクトリアン・タイル」を完成させます。このタイルは、明治末から大正初期にかけて、多くの西洋建築のインテリアや銭湯の壁面などを飾りました。
 写真は、吾妻焼です。この時期には狩野派の画家たちが絵付けをしていたと言われています。

この連載のPDFをダウンロード

Design+Technique

東面全景
エントランスホール

「SSJ品川ビル」
設計:三菱地所設計
 この建物は、芝浦グループの中核会社である芝浦シヤリングの不動産賃貸事業展開の一環として計画されたオフィスビルです。品川駅港南口の旧海岸通りと高浜運河に挟まれたこの地は、芝浦シヤリング発祥の地であることから、地域に根差した開かれた企業イメージと、周辺環境をつなぐ空間づくりを目指して設計されました。そこで、総合設計制度を活用し、建物の周りには水と緑があふれる庭園と遊歩道、運河沿いの1階には店舗、2階には保育所を併設しています。さらに、北側に隣接する建物の貫通通路と当計画の遊歩道を接続させて新たな歩行者ネットワークを構築し、高浜運河に賑わいを生み出しました。
 建物全体のデザインは、ウォーターフロントオフィスにふさわしく、爽やかで明るい雰囲気を演出しています。デザインテーマは“白砂”と“波”。これらのイメージを具現化する仕上げ材として、INAXブランドの薄型の大判タイルが採用されました。白砂のタイルには繊細なリブ模様を付けて砂が風紋を描くようなイメージとし、波のタイルには波模様を付けた生地にガラス質で透明感のある釉薬を施し、波紋立つ水面のイメージを実現しました。
 水と緑あふれる公開空地の整備や、これにふさわしいファサードデザインによって、周辺地域に潤いを与えられる建物になった…、と設計者は語っています。

●INAX使用商品●外壁・内壁|外装大型タイルアガトス(白色):AGN-630/574×289/MG/U9A14SR(スナハマ)||外壁|外装大型タイルアガトス(水色):AGN-630/574×289/U9046SR(ナミ)

この連載のPDFをダウンロード

House&Home

リビング・ダイニングから見る
洗面・浴室

「箱の家─140」

設計:難波和彦+界工作舎
 この住宅は、難波氏が提唱する「箱の家:木造シリーズ」の標準仕様によって設計され、この敷地は前面道路との高低差が約90cmあることから、レベル差を活かしたスキップフロアとしています。まず1階を玄関、水まわり、書斎などの閉じた空間とし、1.5階にLDKと和室、2階に夫婦寝室、2.5階に子供室を配し、扉を設けず異なる床レベルによって柔らかく仕切っています。建物全体は単純な箱形でありながら、開放的な住宅を実現し、さらに鳩小屋と称する自然通風のための天井の開口によって、快適さも生まれています。
 また、洗面器は幅広でフラットな、水ハネの少ないINAXブランドが採用されています。木を基調にしたシンプルな住宅に、清潔感のある白色の機器類が馴染み、心地良い印象を醸し出しています。

●INAX使用商品●キッチン|水栓金具:SF-E546S||洗面・浴室|洗面器:GL-AR57SM(C)V/BW1、水栓金具:LF-E540SC-A、便器:サティス DV-S414/BW1||2階洗面スペース|洗面器・水栓金具:GL-A555SC(C)/BW1

この連載のPDFをダウンロード
リビング
洗面・浴室

「フツウ・ノイエ」

設計:アカサカシンイチロウアトリエ
 この住宅は、札幌の中心部から車で20分の距離にある、藻岩山と住宅地が接するエリアに位置しています。建物はほぼ立方体に近いフォルムで、東側の吹抜けに接した部分に三角形のテラスを切り込ませ、さまざまな光や床レベル・天井高さの変化など、コトを起こすきかっけとなる、至ってフツウの要素をそこに集中させています。なかでも、障子を通じた淡い透過光、天井に反射した拡散光が重なりながら吹抜けを介して建物全体に広がったり、沢のせせらぎや木々のそよぐ音が聞こえたり…と、フツウの仕掛けによって、単純な空間の中に複雑な関係を生み出しています。
 一方、樹木の枝葉と同じ高さにある2階の浴室は、窓を開け放つと、さながらツリーハウスで入浴している感覚を味わうことができるといいます。ここでは、湯面に反射した光が室内に回り込むのを妨げないよう、INAXブランドの壁埋込形のシャワーバスセットが採用されています。

●INAX使用商品●洗面室|洗面器:L-176EC/BW1、水栓金具:LF-280A-GS(ハンドルは取替え)||浴室|水栓金具:BF-214TL

この連載のPDFをダウンロード

TOPICS

みんなのトイレ入り口

トイレが子ども広場になった─「カラフルタウン岐阜」のトイレ改修

 ショッピングセンター「カラフルタウン岐阜」のトイレは、老若男女、子連れファミリー、障害を持った人など、誰もが使いやすく休憩できる“みんなのトイレ”をテーマに設計されています。特に、このショッピングセンターは、車のメーカーが前面出資しているという背景もあり、子どもトイレのブースは車の形にデザインされています。トイレタイムをドライブタイムと想定し、運転席にINAXブランドの便器を設置、後ろ座席は子どもに付き添う親も入ることができます。
 とても人気が高く、オープン当初は車トイレに40家族待ちという、うれしい報告も寄せられ、大好評のようです。

この連載のPDFをダウンロード

ページトップ