TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

アーカイブ特集3

No.190 

ホスピタリティに見るデザイン―12 俵屋旅館

[ホテルズ・コメント]佐藤 年
 ホテルのインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。「一度は行ってみたかった…」と客を虜にしてやまない俵屋旅館。風情のある客室に現代の快適性を取り入れた、当主こだわりの旅館づくりを紹介します。

No.189 

ホスピタリティに見るデザイン―11 奈良ホテル

[ホテルズ・コメント]森 一紀
[デザイナーズ・コメント]柴田嘉夫
 ホテルのインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。「原形を留めるクラッシックホテルのNo.1」と親しまれてきた奈良ホテル。ホテルに息づく“いつ来ても変わらないこと”へのこだわりは、ハード・ソフト両面に反映されています。リピーターを駆り立てる、奈良ホテルのもてなしの真髄に迫りました。

No.188 

ホスピタリティに見るデザイン―10 ハイアット リージェンシー 京都

[デザイナーズ・コメント]杉本貴志
[ホテルズ・コメント]横山健一郎
 ホテルのインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。オープン5年にして京都を代表するホテルとなった「ハイアット リージェンシー 京都」。客を魅了してやまない“コンテンポラリー・ジャパニーズ”をテーマにしたホテルづくりを紹介します。

No.187 

ホスピタリティに見るデザイン―9 あさば

[デザイナーズ・コメント]横川正広
[ホテルズ・コメント]浅羽一秀
 湯の郷・修善寺にある老舗旅館「あさば」。そのインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。水面に顔を見せる能舞台、竹林と木々の緑など、ここには520年以上の歴史が醸し出す、日常を離れた穏やかな世界が広がっています。何ごとも控えめに…、いわばマイナスの美学にこだわった宿づくりを紹介します。

No.186 

ホスピタリティに見るデザイン―8 雲仙観光ホテル

[デザイナーズ・コメント]中嶋 亨
[ホテルズ・コメント]本田達也
 東洋美と西洋美を持つ豪華絢爛なホテルとして客を魅了してきた「雲仙観光ホテル」。そのインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。メインエントランスへの石畳みのアプローチやウィリアム・モリス調で整えた客室などは、ノスタルジーを彷彿とさせる新デザイン。居心地の良い空間を追求したクラシックホテルの宿づくりの一端を紹介します。

No.185 

ホスピタリティに見るデザイン―7 ホテルニューオータニ

[ホテルズ・コメント]石黒孝大
[デザイナーズ・コメント]柴田嘉夫
 東京の顔として親しまれてきた「ホテルニューオータニ」のインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。クラシカルとモダン、新旧ふたつのデザインで客を魅了する名門ホテルのデザイン学に迫りました。

No.184 

ホスピタリティに見るデザイン―6 シャングリ・ラ ホテル 東京

[ホテルズ・コメント]武井絵美
[デザイナーズ・コメント]堀井直子
 東京・丸の内にあるラグジュアリー・リゾート・ホテル「シャングリ・ラ ホテル 東京」のインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。訪れた客を魅了してやまない、“シャングリ・ラのDNA”と呼ばれる世界共通のデザインエレメントによってつくり出された居心地の良い空間づくりに迫ります。

No.183 

ホスピタリティに見るデザイン―5 万平ホテル

[アーキテクツ・コメント]岡本 賢
[インタビュー]冨田 努
 避暑地・軽井沢にあるクラシックホテルとして有名な「万平ホテル」のインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。数々の著名人を魅了してきた接客術、そして古民家を彷彿とさせる空間づくりを浮き彫りにしています。

No.182 

ホスピタリティに見るデザイン―4 箱根・翠松園

[デザイナーズ・コメント]真田雅郁
[オーナーズ・コメント]清崎 努
 新タイプの“現代和風旅館”として定評のある「箱根・翠松園」のインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。リピーター客を魅了してやまない、日本旅館の贅を尽くしたおもてなしとシティホテルの機能性を融合させた“RYOKAN”スタイルに迫ります。

No.181 

ホスピタリティに見るデザイン―3 マンダリン オリエンタル 東京

[ホテルズ・コメント]早川千恵
[デザイナーズ・コメント]小坂 竜
 世界屈指のラグジュアリーホテル「マンダリン オリエンタル 東京」のインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。このホテルには、「センス・オブ・プレイス」というマンダリンのフィロソフィーが隠されています。日本橋の歴史や文化を活かしたホテルづくりに迫ります。

No.180 

ホスピタリティに見るデザイン―2 蒲郡プリンスホテル

[アーキテクツ・コメント]右高良樹
[インタビュー]鶴峯輝哉
 日本有数のクラシックホテルとして知られる、愛知県蒲郡市にある「蒲郡プリンスホテル」のインテリアデザインを、“ホスピタリティ”というキーワードでみた特集です。75年の歴史を持つこのホテルでは、ホスピタリティがデザインにどのように表れているのかを紹介しています。

No.179 

ホスピタリティに見るデザイン―1 由布院 玉の湯

[アーキテクツ・コメント]鮎川 透
[インタビュー]桑野和泉
 日本の名だたる温泉地のひとつ、由布院にある「由布院 玉の湯」のインテリアデザインをホスピタリティというキーワードでみた特集です。広大な自然に囲まれ、贅を尽くしたこの旅館では、ホスピタリティがどのようにデザインに表れているのでしょうか。

ページトップ