TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.173 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
連載1

わたしのフォトメモ

バカラ美術館・トイレ

 カメラでメモした気軽に読めるフォトエッセイ。シリーズテーマはディテールです。今回は建築家・平倉直子氏です。
 氏はフィリップ・スタルクが内装デザインした「バカラ美術館」を訪れます。トイレの白い扉を開けると、そこにはシャンデリアと鏡を使ったファンタスティックであでやかな、ルージュのような赤い色を思わせる空間が広がっていました。
 シャンデリアの幻想的な写真とともに“されどトイレ!”と語る氏のすてきなエッセイです

この連載のPDFをダウンロード

Architect at Home

能代の住宅
能代の住宅・スケッチ

 建築家・中村好文氏が建築家の自邸を訪問するエッセイ。氏の鋭くも温かいまなざしが捉えたものは…。手描きのスケッチを交えたほのぼのとした好文ワールドをご堪能いただけます。
 第7回目に登場するのは、納谷兄弟が両親のために設計した「能代の住宅」です。“あたたかく”、“おだやかな”雰囲気が感じられ、両親は自分たちの息子が設計した家を、のびのびと、そしてゆったりと住みこなしている様子が伝わってきます。中村氏は、この住宅を訪問し「普段着の住宅」と評しています。厳しい冬でも明るくぬくもりのある「能代の住宅」の訪問記です。

この連載のPDFをダウンロード

ページトップ