TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.181 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続・生き続ける建築
特集1

遠藤 新

この特集のPDFをダウンロード

激烈さと慈父の優しさを持った建築の行者

甲子園ホテル
遠藤 新

 明治22年(1889)、福島県の農家に生まれた遠藤新は、地元有志の後ろ盾を得て、仙台の第二高等学校から東京帝国大学建築学科に学びました。利発な青年は、すでに在学中にフランク・ロイド・ライトの作品を知り、衝撃を受けたといいます。そして、来日中だったライトと運命的な邂逅を得て、すぐさまライトに伴って渡米、タリアセンで約1年半、師の建築哲学にじっくり触れます。誠実で有能な弟子だった遠藤をライトは「エンドーサン」と呼び、信頼していたと言われています。帰国後、「帝国ホテル」の完成に尽力し、現場でライトの哲学・有機的建築の神髄をさらに深めます。遠藤は生涯、その精神を守り、日本に根差した独自の建築を模索しながら精力的に設計活動を行いました。
 生誕120年を過ぎた今もなお、日本ではライトと同一視されるほど、遠藤の作品の中には師の面影が生きています。今号は多くのエピソードを通して、今まで知り得なかった豪放磊落、天衣無縫といった遠藤の素顔を浮き彫りにしています。
 本誌では、ライトから受け継いだ有機的建築の考え方がうかがえる「甲子園ホテル」、「小宮一郎邸」、「目白ヶ丘教会」を紹介しています。

写真上:

「甲子園ホテル(現・武庫川女子大学甲子園会館)」(1930)

 このホテルは、帝国ホテルの支配人だった林愛作が理想とするホテルとして建設されました。客室棟を東西に配し、パブリックスペースでつなぎ、内から外へと緩やかに全体がまとめられています。現在は、6年制の建築学科がある武庫川女子大学の甲子園会館として使われています。
 写真は南面外観です。彫刻を施した列柱がいかにもライト的な雰囲気を醸し出しています。

「小宮一郎邸」

「小宮一郎邸」(1937)

 国文学者・小宮一郎の住宅です。家族が自然に居間に集まるよう、居間を中心にプランニングされており、有機的なつながりを持っているのが特長です。
 写真は、暖炉のある居間です。施主の出身地が、蔵の建ち並ぶ街並みだったことから、遠藤は、蔵のような暖炉の部屋を提案したといいます。勾配のついた天井と梁が、それを彷彿とさせます。暖炉には、遠藤が好んで使ったという鉄粉入りのボーダータイルを張って、どっしりとした中にも横のラインを強調した繊細な雰囲気があります。また、戸棚と飾り棚を組み合わせて兼用させるなど、当時としては斬新なデザインだったと思われます。

目白ヶ丘教会

「目白ヶ丘教会」(1950)

 大きなアーチを描く梁と壁、屋根が一体となった構造で、遠藤はこれを“三枚おろし”と称し、度々使ったといわれています。この大梁によって、荘厳かつダイナミックな印象を与えています。この教会は、最晩年の作品に入り、遠藤はかなり気に入っていたと言われ、氏の葬儀もここで行われました。

ドキュメント・ファイル|略歴|主な作品
 ドローイングの他、略歴や作品年譜を掲載しています。

本論 文化女子大学短期大学部教授|井上祐一

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ