TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.181 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
ホスピタリティに見るデザイン
特集3

マンダリン オリエンタル 東京

この特集のPDFをダウンロード

世界屈指のラグジュアリーホテル

プレミアグランドルーム


 第3回目は、日本橋にある「マンダリン オリエンタル 東京」です。
 「マンダリン オリエンタル 東京」が日本初進出を遂げたのは、2005年12月。オープン時から最先端ホテルとして注目を集め、外資系ホテルブームの火付け役になったといっても過言ではありません。2006年には、「アメリカン・アカデミー・オブ・ホスピタリティー・サイエンス」から世界初の6つ星ホテルの称号を獲得しました。
 ホテルのためにデザインされたオリジナルのファブリックは、マンダリンのフィロソフィーである「センス・オブ・プレイス」を追求した証しです。それこそが“おもてなし”のひとつだといいます。そこには、世界屈指のラグジュアリーホテルの座を不動のものにしたホテルづくりが隠されています。
 今号は、「マンダリン オリエンタル 東京」のホスピタリティとは…を同ホテルの早川千恵氏に、そして、レストランフロアのインテリアデザインを手がけた小坂竜氏が“誰も見たことのない空間づくり”に挑戦した経緯を披露しています。

マンダリンスイート
広東料理・センス

建築概要

名称:マンダリン オリエンタル 東京
所在地:東京都中央区日本橋室町2-1-1
客室数:179室
開業:2005年
ホームページ:http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/
内装設計:全体;LTWデザインワークス、37階レストラン;乃村工藝社

ホテルズ・コメント マンダリン オリエンタル 東京 コミュニケーションズ部長|早川千恵氏
 デザイナーズ・コメント 乃村工藝社 A.N.D. クリエイティブディレクター|小坂竜氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ