TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.182 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続・生き続ける建築
特集1

安井武雄

この特集のPDFをダウンロード

自由を求め続けた不覊(ふき)の精神

大阪ガスビル
安井 武雄

 明治17年(1884)、千葉県佐倉に生まれた安井武雄は、東京帝国大学工科大学建築学科に学びました。学生時代から様式スタイルに従うことを否定し、卒業設計では木造住宅を選びます。そこでは和洋の境界を外して共生させ、学生ながらにして独自の考え方を主張し、周囲を驚かせたといいます。
 卒業後、南満州鉄道に入社し、10年間を中国大陸で過ごします。満鉄時代は、日本建築界への橋渡しになることを意識しながら、設計に邁進しました。その後、大阪の片岡建築事務所に転じ、大正13年(1924)に安井武雄建築事務所を開設します。片岡事務所で設計を担当し、交流が深かった実業家・野村徳七らの支援を得て、エキゾチックな様式、アール・デコ風の近代性を巧みにバランスさせた独自の手法を展開し、多くの作品を世に送りました。
 今号は、独自で多様なスタイルを示しながら時代をリードした安井武雄の生涯を振り返っています。
 本誌では、日本の近代建築でも屈指の名作と言われている「大阪倶楽部」、「日本橋野村ビル」、「大阪ガスビル」を紹介しています。
 
写真上:

「大阪ガスビル」(旧館)(1933)

 白いタイルと黒御影の明快なコントラストや、同形の連続窓、水平に分節する薄い庇、隅角部を回り込む大きなガラスなど、モダニズムの語法を駆使した建築です。湾曲する外周に沿ったピラスターによって、簡素明快なモダニズム建築とは一味違う、柔らかい印象を与えています。完成当初から絶賛され、その評価は現在も変わることはありません。

「大阪倶楽部」

「大阪倶楽部」(1924)

 会員制社交倶楽部として建設された安井の草創期の作品です。イタリア・ルネサンス初期の邸館を基調としながら、インド・サラセン風や中国的な装飾が混在する魅惑の建築です。
 写真は、1階広間です。黒と白の市松模様の床からは、モダニストと評された後年の安井の作風がうかがえます。

日本橋野村ビル

「日本橋野村ビル」(旧館)(1930)

 上部の白モルタルの外壁と頂部の立面構成が艦橋を連想させるオフィス建築です。1927年に出来た「高麗橋野村ビル」に比べ、曲面が抑えられ、直交座標にすべてが載っているなどの違いが見られます。同じ手法の繰り返しや取り扱いを避けていたという安井の信念が現れています。

ドキュメント・ファイル|略歴|主な作品
 ドローイングの他、略歴や主な作品年譜を掲載しています。

本論 京都工芸繊維大学教授|石田潤一郎

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ