TOP
バックナンバー(NO167〜178)バックナンバー(NO179〜)

INAX REPORT

No.189 特集1 特集2 特集3 連載1 連載2
続・生き続ける建築
特集1

木子七郎

この特集のPDFをダウンロード

独自に生きた様式建築家

新田長次郎別荘
木子七郎

 明治17年(1884)、木子七郎は、明治期の和風建築の権威として知られる宮内省内匠寮の技師・木子清敬の四男として東京に生まれました。10歳年長の兄・幸三郎が宮廷建築家を志すなど、幼少期から建築に親しみ、やがて東京帝国大学工科大学建築学科に入学します。明治44年(1911)の卒業と同時に大阪に赴き、当時果敢な活躍を見せていた大林組に入社。ほどなく鉄骨レンガ造4階建てルネサンス・スタイルの「北浜銀行堂島支店」(1912)を担当し、頭角を現します。これは、後に大林組の設計・施工の傑出した作品として高く評価されます。さらに木子は新田帯革製造所(現・ニッタ株式会社)の作品を担当したことで、社主・新田長次郎の知遇を得て新田家の建築顧問となり、活動の場を広げます。
 その後、新田長次郎の長女・カツとの結婚がまとまり、これが転機となって大正2年(1913)、大林組を退社して大阪に木子七郎建築事務所を開設します。これを機に、辰野片岡建築事務所などが活躍していた黎明期の大阪で、和洋を巧みにこなす在阪建築家のひとりとして奮闘します。独立当初は、長次郎自ら計画に携わった「新田長次郎別荘(現・琴ノ浦温山荘園 主屋)」(1915)で書院造りの設計に力を注ぎ、和風建築の分野でも非凡な才能を発揮します。大正10年(1921)には、中国、インド、欧州、北米の建築視察を敢行。帰国後の大正11年(1922)、フランス・ルネサンス・スタイルを基本にした「久松定謨伯爵別邸(現・萬翠荘)」を完成させ、RC造と鉄骨小屋組構造を併用し、構法の近代化を図ります。木子は東大時代の同期生・内藤多仲の影響を強く受け、RC造への関心が極めて高かったと言われています。以降、RC造による合理的な設計を目指しながら、新田家関連の仕事のみならず、日本赤十字関連の建築を始め、学校、銀行など、多彩な作品を残しました。
 今号は、様式建築から和風建築、さらにはRC造までをも巧みにこなした木子七郎の作品を読み解きながら、彼の生涯に光を当てました。本誌では、「新田長次郎別荘」、「久松定謨伯爵別邸」、「松山大学温山記念会館(旧・新田利國邸)」を紹介しています。
 
写真上:

「新田長次郎別荘(現・琴ノ浦温山荘園 主屋)」(1915)

 新田長次郎が敬慕する久松定謨伯爵が来阪した際、滞在していただくことを主目的に建てた新田の別荘です。和風庭園の中に、主屋、浜座敷、茶室を配しています。主屋が木子の設計によるもので、写真は24畳の主座敷。3方に縁を回し、高欄手摺りを付けた西面からは、琴ノ浦の海水を含んだ潮入りの広大な池泉庭園を望むことができます。床の間は、書院造りの特徴である琵琶棚や違い棚などを備え、木子の和風建築においての技量がうかがえます。

久松定謨伯爵別邸

「久松定謨伯爵別邸(現・萬翠荘)」(1922)

 木子は、この住宅を設計するため海外の建築視察に行き、西欧の建築をつぶさに学んだと言われています。鱗形天然スレート葺きのマンサード屋根や、クラシックなバルコニーの表現などに、典型的なフランス・ルネサンス・スタイルの特徴が見られます。また棟飾り、ドーマー窓の屋根の構成もマンサード型で、細部にわたり繊細で美しい意匠が際立っています。木子が手がけた様式建築の中でも群を抜く作品で、日本の洋風邸宅の名作のひとつに挙げられています。

松山大学温山記念会館

「松山大学温山記念会館(旧・新田利國邸)」(1928)

 新田長次郎の長男のために建てた住宅で、写真は玄関です。幅木のアラベスク装飾のタイルから、伝統的なスパニッシュ・スタイルであることが分かります。奥に見えるアーチ型の小窓には、中世の教会に使われたロンデル窓と呼ばれるビン底のような円形の装飾ガラスがはめ込まれ、瀟洒な雰囲気を醸し出しています。平成元年に松山大学に寄贈され、現在は温山記念会館として利用されています。

ドキュメント・ファイル|略歴|主な作品
 ドローイングの他、略歴や主な作品年譜を掲載しています。

本論 大阪芸術大学建築学科教授・同大学大学院芸術研究科教授|山形政昭氏

この特集のPDFをダウンロード

ページトップ